男子の言葉にも裏がある! よく聞くセリフの本音とベストな対応って?

「彼のあの一言がどうも引っかかる……」そんな経験、ありませんか? ただぽろっと口から出た一言。はたまた考え抜いて口に出したであろう一言。どちらにせよ、その一言の意図がよくわからず「一体どういう意味なの~?」と頭を悩ませたことのある人は多いはず。

(C)LAURIER PRESS
(C)LAURIER PRESS


そこで今回、男子がよく言う“あの一言”の本音を徹底リサーチしました! あんな一言、こんな一言の裏には、驚きの本音が隠されていることも……!

男子の一言:「しょうがないだろ! 男同士の付き合いなんだから」


飲み会やゴルフなどから合コンの口実にまで使われる「男同士の付き合い」というフレーズ。女性にとってなにが“しょうがない”のかはさっぱり理解できません。

彼らのこの一言の真意は「お前のためにも、男同士で飲みに行ったりするのは大切なんだよ」なのだそう。“男同士の付き合い”を大切にする男子は、マッチョな思考を持ちがちです。闘争心や野心が強いタイプが多く、それゆえ、上手に世渡りするには“男同士の付き合い”が必須になるのでしょう。そしてそれは、彼女や家庭のためにも必要不可欠なこと。女性より世間体を気にしないと思われがちな男子ですが、意外とそうでもなさそうです。

ベストな対応:「そっか~、行ってらっしゃい!」


この一言を言われたら、広い心で送り出してあげることが大切です。このようなフレーズを使うマッチョ思考の男子は、帰る場所があるからこそ自由を求める傾向があります。そんな彼には、ある程度の自由を許し、上手く立ててあげるといい関係が築けるでしょう。

男子の一言:「君と二人きりになっても何もない自信がある」


このセリフ、結構な頻度で耳にしませんか? これは、男性的には女友達に対しての「友情アピール」。この一言の真意は「あなたにはまだ恋愛感情は持っていません! でも好意は持っています!」なんだそう。しかも、必要以上に仲の良さをアピールしたいときに使用するようです。

EDITOR

Mone
ライター/コラムニスト/PR/スタイリストアシスタント/女子大生 女の子業界のプロフェッショナルになるべく修行中。お洒落と旅行と読書が好き

関連記事

今、あなたにオススメ