自分は何タイプ? 小悪魔やロマンチスト、メンヘラ…恋愛の性格6パターン

“自分のこと”って自分では意外に分からないですよね。他人に「あなたって〜〜だよね!」と言われてはじめて、自分を理解できるものなのかもしれません。でも恋愛面において、自分の性格を知っておくことはかなり重要なんです!

恋愛タイプ6とそれぞれの恋愛傾向


(c)LAURIRE PRESS
(c)LAURIRE PRESS

自分の性格を自分自身がわかっていれば、相性の良い相手を見つけやすくなるだけではなく、恋の駆け引きにも自分の性格を活用できるのです。そこで、今回は自分の恋愛傾向を知るために“恋愛の6タイプ”をご紹介します♡

1.ロマンチストな情愛タイプ


6タイプのなかで一番ロマンチストだと言われているのが、この“情愛”タイプ。「記念日には、大きなバラの花束が欲しい!」「結婚指輪はプレゼントの中に隠しておいて欲しい!」などのように、まるでお姫様と王子様の恋に憧れやすいのが、“情愛”さん。側から見たらキザなくらいのロマンティックな演出があると、コロっと相手を好きになってしまうようです。

どんな男性が相性抜群?


情愛さんにはもちろんロマンチストな男性が良いでしょう。二人だけの甘い空間を作り出し、それに酔いしれることで、愛情を育んでいけるようなタイプの相手がいいですね! 周りからはバカップルと言われるかもしれませんが、お構いなし。自分たちだけの世界にどっぷり浸っていきましょう♡

2.小悪魔な遊愛タイプ


恋愛を謳歌している人はこのタイプ。複数人との恋愛もへっちゃらで、むしろそこにスリルを感じるような小悪魔が“遊愛”さんだと言えるでしょう。とにかく恋愛体質で、常に好きな人が何人かいる遊愛さん。ゲームをクリアする感覚で、男性とも関係をもってしまう、そんな一面があるのでしょうか。

どんな人が相性抜群?


小悪魔な遊愛さんには意外にも(?)、恋愛経験の少ない草食系男子がおすすめ! 今まで遊んでいたような男性と異なり、草食くんは攻略するのが難しいのだとか……。その難しさが遊愛さんを刺激し、「いつのまにか彼一人と交際することになっていた!」というケースは多々あるようです。

3.安定思考の友愛タイプ


EDITOR

Mone
ライター/コラムニスト/PR/スタイリストアシスタント/女子大生 女の子業界のプロフェッショナルになるべく修行中。お洒落と旅行と読書が好き

関連記事

今、あなたにオススメ