彼に効果的にアピールする酔ったふり作戦 飲み会で使えるモテテクニック♡

飲み会の席で飲みすぎてしまうことは、恋愛的なアピールとして良くないと考えている女性は多いですよね。でもそれは大きな間違い! 実は酔っている女性にキュンとしてしまう男子って意外と多いんです。

けれども実際に「酔いすぎ」になってしまうのはやっぱりNG。モテる女子は、「酔ったふり」が上手い人がとても多いのです。今回はそんな酔ったふりで男子にモテちゃう方法をご紹介します。



酔っていなくても「酔ったふり」をするのがモテの近道


飲み会の席で盛り上がって、お酒をついつい飲み過ぎてしまうと言う女性も多いはず。けれどもモテたいと思うのであれば飲み過ぎはできるだけ控えたいところです。そして全然酔っていなくても酔ったふりをする。これが、モテる女子が使っている飲み会テクニックなんですね。

「お酒強いんだ」と言ってその場をテキパキ仕切る女性もいますが、これは「頼りになる」と男性から思われるだけで「カワイイ」と言う印象を与えるのは難しくなってしまいます。けれども「飲み過ぎちゃったー」と甘えてくる女子には、やっぱりドキドキさせられてしまうもの。

お酒が強くても、全然飲んでいなくても、その場が盛り上がってきたら自分も酔ったふりで仲間に入って行きましょう。筆者が知っているモテ子の中には、お酒が1ミリも入っていないウーロン茶で甘え上手な酔っ払いになるテクニックを持っている女子もいるくらいです。
では具体的にはどんな風に酔ったふりをしてアピールするのが勝ちテクニックなのでしょうか?

さりげなくもたれかかる


酔ったふりをした時に、一番簡単でしかも男性をドキドキさせられるテクニックは「肩や腕にもたれかかる」方法です。「ちょっと飲み過ぎちゃったかもー」と言いながら、まずは後ろの壁に体を預けます。そしてそのまま隣の男性の腕や肩に頭をこつんと寄せてみて下さい。

男性から何も反応が無ければ、そのまま相手の顔を見上げてじーっと見つめてみましょう。至近距離の顔にドキドキしている男性に向かって、にこっと微笑めば、彼のドキドキはマックスになること間違いなしです。

困った反応が少しでもあればさっと離れるのが正解


EDITOR

Yuzuko
元アパレル店員のフリーライター。アラサー女子が恋愛やファッションなど身近なテーマをネタに誰かの役に立てるようなコラムを執筆していきます!

関連記事

今、あなたにオススメ