彼に効果的にアピールする酔ったふり作戦 飲み会で使えるモテテクニック♡

ただし彼女や好きな人がいると言う理由で困った反応を返す男性がいるかもしれないので、そんな時には「私、ちょっと酔っぱらいすぎですね」とその場をさっと離れるのがおすすめです。やりすぎると却って相手に悪印象を与えてしまうこともあるので、注意してくださいね。

男性の飲んでいるグラスをさりげなく奪う


次に酔ったふりとしておすすめなのが、男性の飲んでいた「グラスをさりげなく奪う」という方法です。これは隣に座っている男性のグラスを、本当に間違えたようにすっと取って飲んでしまうというテクニック。もし自分の苦手なお酒がグラスに入っていれば、飲んだふりをして口をつけるだけでも問題ありません。

同じグラスで飲むことで「間接キス」を相手にアピールできますよね。そこで一言「美味しい」と言いながらそのグラスをそのまま彼に差し出してください。笑顔でこんなこと言われたら、キュンとするという男性はかなり多いですよ。

相手が気付かなかったらそのグラスを持ち続ける


せっかく気になる男性のグラスで間接キスをしてみても、その相手が気付いてくれなければ何の意味もありませんよね。そんな時には、そのグラスを自分のグラスのようにして持ち続けましょう。お酒を飲もうとしてグラスが無いことに気付いた彼が、グラスを探し出したら、「今気付いた」と言う顔でグラスを渡せばOKです。



「彼氏いなくて寂しいんです」とアピールする


飲み会の席で酔ったふりをしているからこそ言えるのが、「彼氏がいなくて寂しい」という気持ちのアピールです。職場や友達関係の中ではなかなか言えない言葉も、お酒の力を借りたふりをしてしまえばストレートに周囲の男性に伝えることができるようになります。

誰でもいいから彼氏が欲しいという言い方はしない


ただしいくら酔ったふりをしているからといって、「誰でもいいから付き合って下さい」なんて自分を安売りするような発言は控えましょう。「夜とか一人になると、すごく寂しくなっちゃうんですよね。」

EDITOR

Yuzuko
元アパレル店員のフリーライター。アラサー女子が恋愛やファッションなど身近なテーマをネタに誰かの役に立てるようなコラムを執筆していきます!

関連記事

今、あなたにオススメ