男子を褒めるときに絶対してはダメなポイント 男が気持ちよくなるツボって

男子って、女子から褒められるのが大好きなんです。でも、ただ褒めるだけではモテにはなかなかつながりません。でもちょっとだけ男子への褒め方を変えるだけで、相手からのあなたの印象を大きく変えることができちゃうんですよ! 男子を気持ち良くさせて、好印象をゲットするためにはどんな褒め方をするのが効果的なのでしょう?

(c)LAURIRE PRESS
(c)LAURIRE PRESS


今回は、絶対やってはいけないダメな例と男子が喜ぶ褒め方、それぞれをご紹介します。
「モテない」「男性となかなか距離が縮まらない」という女子はダメな褒め方をしている可能性が……。
自分の会話パターンをよーく思い出してみてくださいね!

こんな褒め方は男子の気分を盛り下げちゃうからNG!


まずはダメな例から。男子は褒められるのが好きとは言いましたが、褒めれば何でも良いと言う訳ではありません。男子の気分を盛り下げてしまう、やってはいけない褒め方についてもご紹介しておきましょう。

何度も同じことを褒める


何度も何度も同じところばかりを褒め過ぎると、「俺のいいとこってそこだけ?」と思われてしまう可能性があります。また、「優しい」などの定番褒めワードを使いすぎてしまうとお世辞感が強くなってしまうので、どれだけ褒めたい部分だったとしても同じところばかりを褒めるのは控えた方が良いでしょう。

大げさに言いすぎる


褒め言葉を大げさに言いすぎてしまうことで、かえってその褒め方が嘘くさくなってしまうというのも良くあるパターンですね。「かっこいい」と言う褒め言葉を「○○君って本当にかっこ良すぎて話すだけでもドキドキしちゃう」なんて褒め方をすると、ふざけて言っていると思われることもあるので注意が必要です。

彼自身がピンと来ていない部分をほめる


褒め言葉が相手に響く時というのは、自分が褒められたいと思っているところを褒めてくれた時です。なので「自分は頭が悪い」と思っている男子に対して、「頭が良いよね」という褒め言葉はお世辞としてしか受け止めてもらえません。

EDITOR

Yuzuko
元アパレル店員のフリーライター。アラサー女子が恋愛やファッションなど身近なテーマをネタに誰かの役に立てるようなコラムを執筆していきます!

関連記事

今、あなたにオススメ