ぷっくり3Dネイルが片栗粉でできちゃう!? 簡単かわいいバレンタインネイルのやり方

バレンタインまで1カ月弱ですね♡ 普段はシンプルネイルが多い方もこの時期ならではのラブリーなスウィートネイルをしてみませんか?

今回は、マニキュアネイルバージョンとジェルネイルバージョンの2パターンをご紹介します! バレンタインにぴったりなデザインのやり方を、マニキュアとジェルそれぞれでご紹介。マニキュアを使った楽チンアートネイル、ジェルならではの3Dアートネイルに挑戦してみてくださいね♪

マニキュアを使ったチョコレート風バレンタインネイル


チョコレート風2Dネイル
チョコレート風2Dネイル

準備するもの


・マニキュア:茶色、クリーム色、赤
・マットコート
・つまようじor細筆
・ネイルホイル
・ブリオンorホログラム

チョコレート風ネイルのやり方


フラットなソースアート
フラットなソースアート

※あらかじめ爪にベースコートを塗っておいてください

(1)親指と薬指に茶色のマニキュアを、人差し指と小指にクリーム色のマニキュアをそれぞれ2度塗りします
(2)中指にはベリーチョコレートのような赤のマニキュアを塗ります
(3)中指にマットコートを塗ります
(4)つまようじ、もしくは細筆を使って、ソースのような線を描きます

マットの質感とツヤの差を活かしたデザイン。写真ではあまり目立たないのですが、肉眼ではソースの感じがわかりやすく、本物のチョコレートっぽさが出ますよ♡

<親指>
ブリオンやネイルホイルを小さくカットしたものを乗せます。
ブリオンやネイルホイルを小さくカットしたものを乗せます。

ブリオンやネイルホイルを小さくカットしたものを乗せれば、金箔がかかったチョコレート風に☆ ブリオンをホログラムに変えれば完全にフラットアートになるので、お仕事や家事の邪魔になることもありません。

<薬指>
ピーコックネイルのやり方
ピーコックネイルのやり方

薬指にはハートピーコックアートを♡ 点々とマニキュアを置いてから、矢印の部分からつまようじなどでそっとひっかいていきます。(分かりやすくするために色を変えています。)

マニキュアを使ったピーコックネイルをする時は、マニキュアを置く時の量に気を付けてくださいね。マニキュアの量が多すぎると色が混ざりすぎ、少なすぎるとそもそもひっかくことができないので慎重にトライしてみましょう!

ジェルを使った3Dメッセージネイル


ジェルでメッセージネイル
ジェルでメッセージネイル

準備するもの


準備するもの
準備するもの

・パステルカラーのジェル4~5色
・片栗粉or小麦粉(アクリルパウダーがある方はパウダーで!)
・つまようじor細筆
・いらない紙

メッセージネイル『Love』のやり方


※あらかじめ爪にベースコートを塗っておいてください

(1)ジェルネイルを全色、爪にべた塗りして硬化します
ジェルネイルを全色、爪にべた塗りします。
ジェルネイルを全色、爪にべた塗りします。

(2)いらない紙に片栗粉とジェルを出して、2:1くらいの割合で混ぜます
片栗粉とジェルを混ぜます。
片栗粉とジェルを混ぜます。

(3)片栗粉入りのジェルで、爪にぐるんと「♡」を描き硬化します。必要に応じて、さらにハートをなぞって硬化を繰り返すとぷっくり感が増しますよ♡
爪にぐるんとハートを描きます。
爪にぐるんとハートを描きます。

(4)同様に、片栗粉入りジェルで“L”“o”“v”“e”と文字を描きます
片栗粉入りジェルで文字を描きます。
片栗粉入りジェルで文字を描きます。


つなげると……Loveのメッセージが♡ 
多色使いですが柔らかいトーンなので派手になりすぎません。

3Dネイルのちょっとしたコツ


普通にジェルを重ねてももちろん3Dネイルができますが、時間がかかりますし、柔らかいテクスチャーのジェルだと流れてしまって上手く描けないことも……。そのため、3Dネイルをする時は、本来アクリルパウダーを使用します。

しかし、セルフネイル初心者さんや、ジェルネイルをやる頻度がそこまで多くないという方は所有していないことも。その時に代用品として使えるのが、ジェルに片栗粉や小麦粉を混ぜる方法なのです。
ただ、食品を使うことに抵抗がある方はアクリルパウダーを使用してくださいね。

ネイルもかわいくして、素敵なバレンタインを過ごしましょう♡
(ayako.r)

EDITOR

ayako.r
元美容部員。現アメーバ公式トップブロガー・HOMEIオフィシャルネイリスト。化粧品検定2級。美容系にも関心高め。

関連記事

今、あなたにオススメ