大好きな彼を忘れるには? つらすぎる失恋からの立ち直り方



この方法のコツは?


一般的に言って「強い」人とは、なにかを信じている人のことです。
たとえば日本で宗教というと、なにやら非常に怪しいイメージがついてまわりますが、世界のスタンダードは「神様を信じていることによって、強く生きていられる」という考え方です。たとえば敬虔なクリスチャンとかって、そういう人のことです。
日本式に無難に言えば「神社を信じてみては?」ということは言えると思います。神社(神道)は宗教ではありませんが、誰もが知っているように、多くの日本人の心の支えになっています。
宗教に限らず、失恋を機に、自分はなにを信じて生きているのか、という問いの答えを考えるというのも、大切な時間の過ごし方ではないかと思います。

大好きな彼を忘れるには? つらすぎる失恋からの立ち直り方の1枚目の画像


いかがでしょうか。
失恋の考え方として「神様が与えてくれた試練」というものがあります。たとえば有名歌手の歌詞に、そのようなことが書かれてあったと記憶しています。
失恋を機に、誰かとしたいだけエッチするのも結構。やけ食いするのも結構。
でも「この失恋がわたしに知らせてくれているもの」を、じっと考えるというのも、非常に重要なのです。
失恋ほど、人にものを考えさせてくれる出来事は、ほかにあまりないからです(あるとすれば破産するときとか、そういう「超」がつく究極の状況くらいではないかと思います)。
(ひとみしょう)
1
2

この記事を書いたライター

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ