簡単に作れる低カロリーデザートのレシピ♡ 余った純ココアパウダーを活用

バレンタイン作りで余った「純ココアパウダー」を使った、混ぜるだけで簡単に作れるデザートのレシピをご紹介します♡ とってもヘルシーなので、節約&ダイエットに活用しちゃいましょう!

余った純ココアパウダー、どうしてる?


簡単に作れる低カロリーデザートのレシピ♡ 余った純ココアパウダーを活用の4枚目の画像

ガトーショコラやブラウニー、トリュフなどを作るときにもれなく必要になる「純ココアパウダー」ですが、余った分の使い道が思いつかない人も多いと思います。純ココアパウダーって、400円台~1000円近くする地味に高いものだけど、来年までそのままとっておくのも微妙です。

一見、手の込んだお菓子作りでしか出番がなさそうにも思えますが、砂糖と別になっている純ココアパウダーは、高カカオな低カロデザートを簡単に作れる便利なアイテムなんです! 

解決レシピ1. ヨーグルトに混ぜる


簡単に作れる低カロリーデザートのレシピ♡ 余った純ココアパウダーを活用の3枚目の画像

材料(1人前)


プレーンヨーグルト(無加糖) 100g
純ココアパウダー ティースプーン山盛り1
はちみつ ティースプーン1

作り方


器にすべての材料を入れて、スプーンでよくかき混ぜるだけ!

食後や寝る前など小腹が空いたときには、ローカロリーで腸にもいいヨーグルトがぴったり! 純ココアパウダーをプラスすると、さわやかで満足感のある簡単デザートが作れます。

解決レシピ2. チョコバナナシェイクにする


チョコバナナシェイク
チョコバナナシェイク

材料(1人前)


バナナ 1本
調整豆乳 100cc
純ココアパウダー ティースプーン山盛り1

作り方


皮をむいて一口大にちぎったバナナ、豆乳、純ココアパウダーをすべてミキサーに入れ、まんべんなく混ざったら完成です!

バナナと組み合わせることで、砂糖なしでも十分チョコっぽい甘みを楽しめます。冷凍バナナを使えば、フローズンバージョンを作ることもできますよ♡

解決レシピ3. ホットココアにする


材料(1人前)


純ココアパウダー ティースプーン山盛り1
はちみつ ティースプーン半分~
調整豆乳 200cc

作り方


(1)マグカップに純ココアパウダーとはちみつ、豆乳をスプーン1杯くらいだけ入れてよく練ります
(2)ココアがまんべんなくペースト状になったら、残りの豆乳を注ぎさらによく混ぜます
(3)500Wの電子レンジで2分加熱したら完成です

最初から豆乳全て注いでしまうと、ココアの粉がダマになって混ざりにくくなるので注意! 豆乳&はちみつとレンジがあれば、簡単に甘さひかえめココアが作れちゃいます。寝る前のほっこりタイムにもおすすめですよ♡

解決レシピ4. 濃厚ヘルシーなカカオボール


濃厚ヘルシーなカカオボール
濃厚ヘルシーなカカオボール

材料(1人前)


プルーン・デーツ・イチジクなどのドライフルーツ 100g
くるみ・アーモンドなどのナッツ 20g
純ココアパウダー(混ぜる用) 大さじ3~
純ココアパウダー(まぶす用) 大さじ1~

作り方


(1)ドライフルーツをフォークでつぶし、ペースト状になるまで練ります
(2)純ココアパウダー(混ぜる用)を1に加え、混ぜ合わせます
(3)ナッツを一粒ずつ2のペーストで包み、ボール状に形を整えます
(4)純ココアパウダー(まぶす用)を3にまぶし、トリュフっぽい見た目に仕上げたら出来上がりです

純ココアとドライフルーツの実をねりねりすると、チョコブラウニーとかトリュフみたい!? と思っちゃうほど濃厚なペーストが作れるんです! 自分で食べるのはもちろん、混ぜるだけの簡単レシピのわりに、人にあげれそうなレベルにおいしくできますよ♡

どれも身近な材料で手軽に作れるレシピばかりなので、急な来客のときのレスキューメニューにも覚えておくと便利♪ あまった純ココアパウダーは台所で眠らせず、ヘルシーに食べて消化しちゃいましょう! ぜひ気になったメニューから作ってみてくださいね☆
(由井妙)
1

この記事を書いたライター

由井妙
名古屋出身の、なごやんライター。坂東芙三次の名で、女優・日本舞踊家。おいしいもの大好き、運動は大のニガテ、ゆるめのダイエット情報が大好物

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきライフスタイル記事5選♡