寒い冬に飲みたい簡単美容ドリンクの作り方 体も心も温まろう♡【イラスト】

日に日に寒さが増している今日この頃。体にも心にも疲れがたまっている人が多いのではないでしょうか? そんなときこそ、ちょっとしたホットドリンクを用意して、自分で自分にぬくもりをチャージしてあげましょう♡
せっかく飲むなら、おいしくて美人になれそうなドリンクがいい! そんなわがままドリンクを、飲みたい時間帯別にご紹介します。

寒~い起き抜けには梅湯を、やる気をアップさせたいお昼どきにはチャイを♡
寒~い起き抜けには梅湯を、やる気をアップさせたいお昼どきにはチャイを♡

起き抜けには“梅湯”を飲もう!


美人はみんな口をそろえて「起き抜けに白湯!」と言っているイメージがありますが、寒い時期こそマネしたいこの習慣! お湯を沸かしただけの白湯でもいいけれど、朝の気分をアップさせたいなら、梅干しを入れるのがおすすめです。

大きめの梅干しにお湯をそそぐだけで、お吸い物のような塩加減になり、飲みやすくなります。白湯の冷え解消効果・デトックス効果に加え、すっぱい梅干しに含まれるクエン酸には疲労回復効果もあり、寒さで気分が落ちたり体調を崩したりしがちな今のシーズンにはぴったりなドリンク。

梅湯の作り方


梅干し1個にコップ一杯分の沸かしたお湯を注ぐだけ!

さらに応用してみて!


より和風にしたいなら醤油をプラスしたり、甘めがお好みならはちみつをプラスしても味に深みが出ておいしくなります。また、風邪気味のときには刻んだ長ねぎと生姜をプラスすれば万能ドリンクに!

何より、作るのに手間がかからないのが忙しい朝にうれしいですね。顔を洗っている間にお湯を沸かしておいて、メイクしながらゆっくり飲みましょう♡

昼間は“チャイ”で眠気覚ましを


体が冷えてなんだか集中力も切れ切れ……そんなお昼には、体が芯からあたたまるチャイを飲んで! まろやかな甘みでほっとするけど、紅茶とスパイスの刺激的な風味で頭もしゃきっとしてくる、魔法のドリンクです。

チャイのレシピ


<1人分の材料>
・市販のチャイ ティーバッグ1つ
・水 150cc
・牛乳 220cc
・シナモン、ジンジャー、カルダモン、クローブ、ブラックペッパーなどのスパイス 各小さじ1/4~1/2杯くらいをお好みで
・砂糖 大さじ1杯くらい

<作り方>
小鍋に水と茶葉を入れて沸騰させ、紅茶の香りと色がよく出てくるまで煮出します。スパイス、牛乳、砂糖を加え、ボコボコしてきたら火を止めます。

牛乳を入れてから、沸騰させすぎないのがポイント。少しだけ手間をかけて、小鍋で作るのがベストです。

お好みのスパイスをプラスして!


市販の「チャイ」のティーバッグを使うレシピが簡単ですが、これだけだとスパイシーさが足りないときもあるので、さらにスパイスを足すのがおすすめ! 
入れるスパイスも、シナモン、ジンジャー、カルダモン、クローブ、ブラックペッパーなど、さまざまな種類がありますが、お好みでOK。シナモンとジンジャーを入れるだけでも、十分スパイシーでほっこり風味になります。

スパイスがっつりが好きなら、刻んだ唐辛子を入れるのもおいしいですよ! 汗がふき出し、目が覚める味に。ただ、入れすぎると激辛になるので注意です……。

疲れてきた夕方にはスパイスココアを、一日のごほうびには甘酒を♡
疲れてきた夕方にはスパイスココアを、一日のごほうびには甘酒を♡

夕方には“スパイスココア”で癒されて!


仕事に疲れてきたり、なんだかイライラしがちな夕方には、甘くてリラックス効果のあるドリンクを♪ おすすめは、スパイスを入れたココアです。ポリフェノールたっぷりのココアには、ただでさえ冷え解消、疲労回復、腸内環境改善など、女子にうれしい効果がいっぱいですが、それにスパイスを加えれば、さらなる効果が期待できる大人のドリンクに!
夕方になってむしょうに甘いものが食べたくなってきたときにも、これを飲めば食欲の暴走をおさえられるはず!

スパイスココアのレシピ


<1人分の材料>
・ココアパウダー 小さじ2杯
・シナモン、ジンジャー、カルダモンなどのスパイス 各小さじ1/4~1/2杯くらいをお好みで
1
2

この記事を書いたライター

大石蘭
1990年生まれ。イラストレーター、文筆家として活動中。著書『妄想娘、東大をめざす』(幻冬舎)他

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきライフスタイル記事5選♡