痩せなくても簡単にくびれを作る方法 深呼吸するだけでウエストに効果的

近年流行りのニットワンピースは男ウケも良い冬のマストアイテム。ですが、気をつけたいのは体のラインです。ぽっこりお腹やズン胴な体型のままニットワンピを着ると、単なるダラしない女性に見えてしまう可能性も。

ニットワンピがかわいく見える決め手は“くびれ”。女性らしい凹凸があってこそなんです。体全体がボリューミーでも、くびれさえあれば問題なし! 

そこで今回は、簡単にゲットできるくびれエクササイズを『やせなくても美人になれる くびれの魔法』(CCCメディアハウス)よりご紹介します!

くびれを作るためにはリラックスすることが大切!?


くびれを作るなんて、食事制限に自宅でひたすら筋トレ……なんてイメージがあるかもしれません。でも、著者であり、産前産後の女性への骨盤レッスンなどを行う片山やよいさんによれは、くびれを作るには、まずは“骨盤”を整えることが大事なんだとか。そして、その骨盤を整えるためには、何よりリラックスが大切なのです!

仕事でいつも緊張していたり、夜にぐっすり眠れなかったり、お酒や甘いものが好きでよく摂取していると、体は固くなり骨盤もガチガチに。すると、くびれどころか体が歪んでしまうのだそう。なんとも目からウロコです。

肩の上げ下げエクササイズのやり方


そこで、簡単にリラックスする方法がこちら。ぜひ試してみてください。

画像提供:『やせなくても美人になれる くびれの魔法』(CCCメディアハウス)
画像提供:『やせなくても美人になれる くびれの魔法』(CCCメディアハウス)

(1)左右どちらがやりやすいかをチェックします
(2)リラックスして楽に座り、姿勢を良くします
(3)上げやすかったほうの肩に軽く手を置きます。右手と左手を交互に挙げてみて、やりやすいほうから行いましょう!
(4)そのまま耳と肩を近づけるように、2ミリくらいづつ肩を持ち上げていきます。下ろす時も同じ速度で下ろしましょう
(5)肩を下ろしたら、一度肩においていた手も下ろして、一息ついてリラックスします
(6)これを交互に4回繰り返します

左右差があるかたは、上げやすかったほうを3セット、そうでないほうを1セットで行いましょう。

筆者もさっそく試したところ、気持ちいい! パソコンに向かうことも多く、特にコートなどを着込んで猫背になりがちだったので、腕周りをちょっと動かすだけで体が広がった感覚に。そして、大きく呼吸してゆっくりした動きのせいか心もゆったり。昨今味わったことのない平安が訪れるというオマケまでついて来ました。片山さん曰く、眠くなってしまう方もいるのだとか。

ポイントは、早く動かしたくなってもゆっくり動かすこと。これにより深層部の筋肉がほぐれ、血液が循環します。

ウエストのくびれは、肋骨と腸骨(腰骨)がポイント!?


体がリラックスできたところで本題に入りましょう。

ウエストのくびれは“肋骨と腸骨(腰骨)の差”で決まるのだそう。脇腹に手を当ててみてください。そして、注意深く肋骨の一番下の骨を探します。その骨から、骨盤の一番上の骨「腸骨」までの距離が大事です! さて、その隙間に指は何本入りましたか?
平均は3~4本分の隙間なんだとか。最近では、指が1本か2本しか入らない人が増えているらしいので、ぜひ測ってみて! 
実は、この隙間こそが“くびれ”の元。指が1~2本しか入らない方は、まずこの隙間を広げることから始めましょう。

というワケで、早速エクササイズに入ります。

ウエストのくびれを作るエクササイズのやり方


正座をするか、椅子にきちんと座った状態で行います。

画像提供:『やせなくても美人になれる くびれの魔法』(CCCメディアハウス)
画像提供:『やせなくても美人になれる くびれの魔法』(CCCメディアハウス)

(1)軽く片方の手を上にあげ、2~3ミリずつ、その手を天井にむけて上げていきます。その際、反対側の脇腹を縮めます(手の甲は上向きでも下向きでもOK。腕を上げるのが辛い方は肘を曲げ、肘から下は脱力の状態でも構いません)

画像提供:『やせなくても美人になれる くびれの魔法』(CCCメディアハウス)
画像提供:『やせなくても美人になれる くびれの魔法』(CCCメディアハウス)

(2)筋肉に程よい緊張を感じたら、そこで動きを止めて一呼吸します
1
2

この記事を書いたライター

ミカマイコ
主に女性誌で、美容・グルメ・旅行・ファッション・ブライダル等、幅広く担当。趣味はスパ巡り。バリ島やタイ、フランスやLAのスパもお気に入り

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡