開運を招くイメチェン風水 2017年は動きやすい髪型が吉!

女性ならやったことがあるであろう、“失恋したら髪を切る”という行為。実はこの「髪の毛を切る」という行動は、風水的にも意味がある行いなのだそう。

(C)LAURIER PRESS
(C)LAURIER PRESS

エキサイト電話占いの飛鳥未明(あすかみめい)先生によると、「今年は活動的に、動きやすい髪型にするのが吉」とのこと! そこで今回は、人気占い師の飛鳥先生に、開運を招く“イメチェン風水”についてお聞きしてみました。

2017年開運を招くイメチェン風水とは


今年は「丁酉(ひのととり)」の年となります。昨年は太陽が輝く年で、数多くの秘密が公の場に露出される年でしたが、今年は昨年ほどでないものの、“暗い環境でも工夫次第で輝ける年”となります。

ポイントは独創性


2017年は、この“工夫”が開運のポイントです。たとえて言うなら、イルミネーションのように光の力としては弱いものの、暗い中で光り、意味のある形をかたどることで光の力を増長させ輝かせるような「独創性」を持った工夫が幸運を呼びます。



また、この光のエネルギーの供給源である木やお花も吉です。観葉植物を置いたり、お花を飾ったり、花柄の物を身に着けるのもおすすめです。色にたとえると緑色も良いですね。

工夫する意味合いは表現の世界とも関係があり、絵画や音楽などの芸術を楽しまれるのも吉です。歴史がないもの、格調高くないものでも構いません。ご自分のお部屋にお気に入りのポスターを貼るだけでも十分です。光の演出がたくさんある、お好きなアーティストのコンサートへ行くなどもおすすめですよ。

季節感を取り入れる


お天気と同じように、風水にもその年によってそれぞれの特徴があります。 晴れている時に雨傘は必要ありませんが、雨天の場合、傘は必須となります。また、晴れている時の山登りは景色も良く、ゆっくりと楽しめますが、雨天の場合は危険も伴いやすく景色も雲に隠れてしまいます。

風水は、そのような“タイミングをみる”ことを大切にしています。そのタイミングにあった服装、つまり「季節感があるかどうか」にも意味があるのです。高い所にいれば遠くまで景色を見ることができ開放感を味わうことができるように、風水においても“地の利などの条件を生かす”ことが大切です。

動きやすい髪型が吉


(C)LAURIER PRESS
(C)LAURIER PRESS

EDITOR

しょう
フリーライター。占い、魔女術、心理学を中心に執筆活動中!

関連記事

今、あなたにオススメ