いつも振られちゃう女子が実践すべきこと 彼女になるための4つのポイント

どうでもいい人には好かれるのに、自分から好きになった人には振られてしまう……そんな女子の悩みをよく耳にします。勇気を出して告白をしても、フラれてしまったらそこで諦めたくなるものですが、もしかするとそれだけでは努力が足りないのかも。好きな人の彼女になるために、告白以外にできることがたくさんあるんです!

photo by:怕水的青蛙
photo by:怕水的青蛙

1. 相手とたくさん会う


まずは、相手とたくさん会うことが大切。すでに友達関係の場合はこれはクリアしていると思いますが、知り合ったばかりの人は積極的にデートへ誘いましょう。二人だけでもグループでもいいので、とにかく一緒にいる時間を増やすことで、相手へアプローチできる時間も増えます。

最近はSNSの発達により、対・人との関わりが薄れてきていると言われています。つまり、直接は会っていないのに、FacebookやInstagramなどで写真の投稿を目にしているだけで会っているような感覚になる。久しぶりに会っても久しぶりな感じがしない、という感覚を経験したことのある人も多いはずです。
そういった関係が増えている現代だからこそ、直接会っている人間には特別な感情を抱きやすくなるのです。

具体的にはどうする?


ただ、友達関係の場合でも知り合ったばかりの相手でも、大切なのは相手に自分のことを好きになってもらえるよう、努力をしなければ報われない、ということです。会うだけで満足していてはいけません。これについては次からの項目を参考にしてみてください。

2. 好意を匂わす


いつも振られちゃう女子が実践すべきこと 彼女になるための4つのポイントの2枚目の画像

あなたは過去に、告白をしてフラれた経験はありますか? 筆者はあります。それも1回や2回じゃありません。告白が成功した回数はごくわずか。別段好きではない人からはよく告白をされるのに、なぜだろうと悩みました。でもその時、一つのルールに気がついたのです。

それは、一ミリの好意も見せずにいきなり告白をしてしまうと、かなり高い可能性でフラれるということ。自分のことに置き換えてみてください。今の今まで「100%友達! 恋愛感情は全くなし!」と思っていた相手や、全く中身を知らなような相手からいきなり告白をされたらどう思いますか? 多分、ほとんどの人が戸惑うと思います。そして「え、無理でしょ!」と思うことで、付き合った後の良いイメージが浮かびづらくなり、「ごめんなさい」ということになるのです。

相手の恋愛対象になることが大事


なので、まずは相手の恋愛(ができるかもしれない)対象になることが大切。この子と付き合ったらどうなるか? 自分は好きになれるか? など、好意を匂わすことで相手はあなたとの恋愛を想像することができます。
さらに、いざ告白をした時の戸惑いや動揺を減らして正しい判断をしてもらうことが可能。また、自分のいいところアピールにも気がついてもらいやすくなります。
相手の恋愛対象内として見られるようになることが、第一歩にして絶対条件。料理と同じで、大切なのは下ごしらえなんです。

3. 相手の好みを徹底調査


映画『アナと雪の女王』で流行った歌詞「ありのままの~」というフレーズ。これにより、モテ線じゃなくても彼氏ができなくても「私は私、ありのままを愛してもらうの!」と変な自信を持ってしまった女子も多いと思います。
しかし、好きな人の彼女になりたいのなら「ありのままで」なんて言ってはいけません。彼の好みを徹底調査して、その通りの女子になるよう努力をしましょう。

「自分がないね」と言われても気にしない!


よく、付き合った彼氏の好みに合わせてファッションが変わる女子がいて、それを見て「自分ないね」なんて後ろ指を指す人もいますが、そんな人は無視してOK。服装や趣味なんて誰でも変わるものですし、そのきっかけが好きな人であっても何も恥ずかしことはありません。彼が女子大生っぽい格好が好きならそうすればいいですし、サッカーが好きならサッカーの勉強をする。そうしていくうちに、彼と一緒に過ごせるイベントが増えたり彼の心を動かすきっかけができるかも。
1
2

この記事を書いたライター

彩香
フリーランスライター・エディター。文化服装学院出身。 得意分野はファッションと恋愛で、メンズファッション誌や恋愛系メディアで執筆中。 真の“男子ウケ”とは何か、日々取材し調査し続けている。

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡