上手に人と話したい! 小鳥遊しほの「お悩み相談乗っていいですか?」~人付き合い編~


大きくても小さくても悩みは悩み。悩みの全くない人間なんてやっぱりいないと思うんです。天真爛漫に生きてる人も、AランチかBランチ、どちらにしようか悩んだりすると思うんです。

悩みは迷いなのかもしれない。
道に迷ったら人に聞くように、人生に迷った時も人に聞くのがすき。自信を持って教えられることなど何もないけど、話を聞くくらいはできますので、お悩み相談乗っていいですか?

さて今回は「人付き合い」についてのお悩みが届いております。

Q1. 思いやりってどういうこと?


人のことを思いやるというのは、具体的にどのようなことをすればそうなることになるんでしょうか?(みみみみのりさん/19歳 大学生)

A. 相手の欲を予想してあげること


自分が何をしてあげたいかよりも相手が何をしてほしいかを考えてあげられたら、言葉でも行動でも思いやりある行為になるのだと思うの。むしろそれを考えている時点で、思いやり成功なのかもしれない。あとはその言動で周り(第三者)に迷惑がかからないかも気にできるとすてき。細部にこだわるのも思いやりのひとつです。

みんな幸せになれたらいいな
みんな幸せになれたらいいな

Q2. 緊張せずに人と接する方法はありますか?


私は人と接するのが苦手で、会話をするのにいつも緊張しています。コンビニの店員さんにさえ緊張してしまい、代金を払うとき店員さんが待っていると思うと、小銭があるのに大きいお金を出してしまってお財布がいつも小銭でパンパンです。緊張せずに人と接する方法があったら教えてください!!!(mashurunさん/16歳 高校生)

A. 思っているより人は優しい生き物です


さて、ここで上記の思いやり論を生かしましょう。「自分」ではなく「相手」がどう思っているかに集中すると、ラクになるかもしれません。「店員さんが待っている」は自分よがりの思い込みで、実は「小銭のストックが足りないからお釣りは少ない方が助かる」というお店もあるかもしれません。会話だっていっぱい話したい人もいれば無言が好きな人もいます。いろんな人がいるけれど、むやみやたらに怒ってくる人なんてめったにいません。

EDITOR

小鳥遊しほ
イラストレーター/コラムニスト/フードコーディネーター/モデル 豊富な肩書きを活かし、料理や恋愛などのイラストコラムを多数連載中。 書籍「くまっているのはボクなのに。一問一頭」

関連記事

今、あなたにオススメ