雨や寒い日におすすめな美術館デート♡ 楽しむコツは?

寒い日が続くと、外に出かけるのもおっくうになってしまいがち。でも、屋内デートの場所ってなかなか選択肢がなくて困ってしまいますよね。雨の日や寒い日のデートといったら映画デートが定番ですが、たまには美術館なんてどうでしょうか。

(C)LAURIER PRESS
(C)LAURIER PRESS

男性にとって美術館は身近ではない?


アートな空間に浸れて素敵な作品に触れることのできる美術館は、女性に人気のスポットです。ところが、残念ながら男性にとってはどうもそこまで魅力的な場所ではないよう。美術館になじみのない彼らにとっては、堅苦しく敷居が高いものになってしまっているのでしょう。彼氏を美術展に誘ったのにあまり乗り気じゃなかった、なんて経験がある人も多いかもしれません。

そんな彼にも美術館を楽しんでもらえるコツをつかんで、二人でアートの世界に浸ってみましょう。

楽しむコツ1. 美術展に行く前に予習をしよう


デートは事前準備から始まっています。最近では、美術館のホームページに各展示会の紹介が載っています。どんなコンセプトの企画なのか、アーティストはどんな人なのか、そんなことを二人であれこれ話しながら調べてみると、デートに向けて気持ちも高まってくるはずです。

また、サイトでは作品の一部が写真つきて掲載されていることがあります。それらを確認しておくと、いざ美術館で実物を目にしたときに「あ! これ○○の作品だ!」とあたかも自分が以前から知っていたものを見つけたような、そんな宝探しのようなわくわく感も味わうことができますよ。



楽しむコツ2. 体験型の美術展にいこう


美術館といえば展示されている絵画や彫刻を目で楽しむもの。最近は、そんな固定観念を崩す美術展が流行しています。実際に作品に触れることができたり、その場で自分が描いた絵が作品の一部になったりと、目だけでなく体全体を使って楽しめる体験型の美術展です。これなら、美術鑑賞にあまりなじみがない彼でも、気軽な気持ちで美術作品に触れることができます。

また、以前は展示作品の撮影禁止が当たり前でしたが、一部に限って撮影をすることができる美術館もあります。美術館のアート作品なら、SNS映えすること間違いなしです。二人のお気に入りの作品と一緒に、思い出の一枚も残しておきましょう。

楽しむコツ3. 会話を楽しみながら鑑賞しよう


美術館が敷居の高いものとして思われがちな理由の一つとして、あのシーンとした静寂があります。ただ最近の美術展では、誰でもなじみのあるアニメ・映画をテーマとしたエンターテイメント性の高いものも多く、そうした展示では観客も会話を楽しみながら鑑賞。「どの作品がお気に入り?」「私はあの作品がかわいくて好きだなあ」……そんな会話をしながらまわると、彼氏もリラックスして楽しんでくれるはずです。

楽しむコツ4. 帰る前におみやげショップに寄ろう


展示を見終わって雰囲気に浸っているあなたを待ちかまえているのはおみやげショップです。どの美術館のおみやげショップにも置いてあるのが展示会の作品集。「これキレイだったね」「こんなのあったね」と、二人で振り返ってみるのも良いですね。



お気に入りの作品のポストカードを買って家に飾ってみれば、自分の部屋をお手軽にアート空間に変えることができます。文房具や生活用品など、普段も使えるようなグッズも豊富に取りそろえられているので、おそろいのグッズを買ったら美術館デートの記念になってうれしいですね。

冬の美術館や雨の日の美術館は、それだけでなぜか風情があるもの。アートな世界をぜひ二人で満喫してみてください。
(五百田達成)
1

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべき恋愛記事5選♡

新着記事