彼氏がほんとに喜ぶ「尽くし方」 長続きカップルになるコツ♡

彼氏に尽くして感謝されるか、嫌がられるか……それは、彼氏と彼女との関係値によって決まります。彼氏があなたと結婚したがっている場合、あなたが彼氏の部屋にマメに行ってごはんを作ったり洗濯をしたりすれば喜びますが、そうじゃなければウザがられてしまうことも。



しかし、彼氏との関係にあまり左右されない、一般的な男心から見た「尽くし方の正解」というのもあります。今回は、じつは彼氏が感謝している彼女の尽くし方についてお届けします。

1.仕事を応援してくれる


今以上に、男子の生き方の選択肢として「主夫」が一般的になれば、また話が変わってくると思いますが、現状では男子はかなり長い月日、仕事をしなくてはならないことになっています。

女子は、たとえば結婚して子どもができれば、3~4年は専業主婦になる、あるいはパートの仕事をするなど新卒のときの会社とはまた別の会社で仕事をすることも可能です。

でも、若い男子にとって「今おれがやっている仕事」とは「一生のこと」なわけです。それだけストレスが強いのです。だから仕事のことを応援してくれる彼女の、尽くす姿勢に感謝するのです。

彼氏の背中を押してあげて


これはもう「わたしと仕事、どっちが大事?」と、彼氏に詰め寄ってはいけない、という王道をゆくコツがありますよね。

ほかにコツがあるとすれば、仕事の愚痴を彼氏が言った場合、一応でもいいので聞いてあげて「仕事が大変なのはわかった! でもあなたならできる!」と、背中を押してあげることではないでしょうか。

2.彼氏の大好物だけを作ってあげる



半同棲とか同棲のように、ほぼ毎日彼氏と食事をともにしている場合、毎回彼の大好物しか作らないとなれば……彼氏は成人病予備軍になってしまうかもしれません。

しかしたまに彼氏にごはんを作ってあげる関係であれば、ごはんを作るときは決まって彼氏の大好物だけを作ってあげる、という尽くし方はいかがでしょうか。かなり彼氏の心と体をわしづかみにする方法です。

彼氏の胃袋をつかもう


EDITOR

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ