年下の彼氏と結婚のタイミングが合わない 別れるべきか迷ったときは?

発言小町に「6歳年下の彼」という投稿が寄せられました。トピ主さんは28歳の女性。今年、就活を控えている22歳の彼氏がいますが、結婚のタイミングに関して意見が合わず、これまで何度か別れ話をしたことがあったそうです。

(C)LAURIER PRESS
(C)LAURIER PRESS

今はもう結婚がどうこうというより、「純粋に彼と一緒にいたい」と考えが変わったトピ主さんですが、彼の方は以前の話が引っかかっているようです。先日も「30までに結婚したいんでしょ」と言われてしまったとか。「支えたいし負担になりたくないので、どうしたらいいか分かりません」と悩める心境をつづっています。

交際が順調なら、6年経ってから結婚でも問題はないけれど……


彼氏からのアプローチで交際がスタートして2年半。交際半年くらいで「彼は28歳くらいで結婚したいと言い、トピ主さんは30歳くらいで結婚したい」という話になり、別れ話が出た。以降も、「彼は長く付き合ううちに、私(トピ主さん)の将来のことを考えてしまう」そうで、何度か別れ話になったものの、お互いに好きな気持ちを確認しては、別れない……ということを繰り返しているそうです。

彼が28歳になったとき、トピ主さんは34歳。それくらいの年齢差の男女が結婚する例も、最近はかなりたくさん見聞きします。トピ主さんも今はご自身の結婚の年齢を意識していないと書かれていますし、二人の交際が順調なのであれば、このまま一緒にいる先に、いずれ適切なタイミングで結婚を決めるのもひとつなのでは、とは思います。

photo by:Victoriia Z (改変 gatag.net)
photo by:Victoriia Z (改変 gatag.net)

何度も揉めるのは、互いにそのことが“強く引っかかっている”から


6年先に結婚にたどり着くかどうかは、お互いの相手への想いの強さ、そして縁や運次第というところかもしれませんが、それよりも気になるのは今の関係性です。「何度もこういう話をして重いと思われてしまうのではと思い、もう結婚の年齢は考えていないと言えていません。言うべきなのかもかも分かりません」とあり、トピ主さんは心理的な負担を感じているようです。

二人が安定した関係性であるならば、彼氏の言葉に対して「今は30歳とか気にしてないって言ったじゃん!」なんて明るく切り返したり、「はいはい、とりあえず今はそう思ってないけど、もし30歳までに結婚したくなったら、他の人探しまーす!」なんて適当に受け流したりもできるように思います。それができない関係になっていることが、今一番の危機。お互いに何か心に引っかかっているものがあるからこそこの話題をすると “重たい空気”になり、時には真剣な別れ話にもなってしまうのでしょう。

学生の彼氏とは見えている世界が違うのかも


「30までに結婚したいんでしょ」という彼の言葉は、いろんな意味に捉えられます。

好意的に考えれば、トピ主さんのことをいい加減に思っているわけではないからこそ、「30歳で結婚したい」というトピ主さんの以前の言葉が引っかかっているのでは? とも推測します。でも、自分はまだ就職先すら決まっていないし、今すぐ結婚をどうこう考えられる状況ではない。そう考えれば、とにかく今、彼は不安な気持ちでいっぱいなのかもしれません。

一方、彼の真意をネガティブに捉えるならば、「30歳までに結婚したいなら、その相手にはなれないから」と暗にトピ主さんをけん制しているのかもしれないし、就活を前にしてただ現実逃避したくなっており、自信のなさを露呈して恋人に甘えているだけかもしれません。

「支えたい」は「負担」になることも。「いつもどおりに接する」が一番!?



「支えたいし、負担になりたくない」と思いをつづっているトピ主さん。彼の真意がいずれにせよ、注意して欲しいのは「支えたい」と思うことが相手の「負担になってしまう」ことも往々にしてある、ということです。
1
2

EDITOR

外山ゆひら
対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべき恋愛記事5選♡

新着記事