青春時代の恋愛常識はトラブルの元 “愛=束縛”と思ってない?

「彼氏と温度差を感じやすくなった」、「恋愛をしていてもどこか寂しい」そんな風に感じるのは、10代の頃の恋愛スタイルに囚われているからかもしれません。

(C)LAURIER PRESS
(C)LAURIER PRESS

今回は、20代からの“恋愛のありかた”についてあらためてめて考えてみようと思います。もしかしたら今、恋愛に対して感じている窮屈な気持ちが少しラクになるかもしれません。

「好き度と会う頻度は比例している!」と思っていませんか?



【それ、勘違い度 ★★★☆☆】
10代の頃の恋愛って、お互いが似たような生活スタイルを送っていたことから「会いたい」と思えば毎日でも会える状況だったんですよね。休みのたび、あるいは毎晩でも会っていたのは「好きな気持ちが抑えきれなくて」というわけではなく、お互い時間に余裕があったから(※ヒマだったから)というのが実は大きいんです。

逆を言えば、そんなに好きじゃなくてもヒマだから毎日会っていたっていうパターンもありえます。そんな恋愛、心当たりがある方もいるのでは?

まずは、10代の頃と生活スタイルが違うことを理解する


20代になり社会人にもなれば、お互いの生活スタイルが変わってくるのは当たり前。仕事以外にも人付き合いや趣味に費やす時間、1人になってゆっくり過ごす時間が欲しくなったり……。とにかく、「好きだからって毎日会える状況ではなくなる」ということを理解しておくことが大事!

「量より質」というように、20代からは会う頻度より会っている時間を大切にしましょ♡ これは会うということだけではなく、“連絡の頻度”にも当てはまることです!

「束縛をしないなんて好きじゃない証拠!」と思っていませんか?



【その思考、トラブルの元度 ★★★★★】
異常なまでの束縛も“愛”だと勘違いをしてしまいがちな10代。「束縛をするのも愛だし、されていることにも愛を感じる」そんな感覚を、多少なりとも味わったことがあるという女子は少なくないはず。

EDITOR

RIKO
平成生まれのママライター。趣味は、読書、美容、グルメ、おでかけ

関連記事

今、あなたにオススメ