女子力もモテ度もアップ♡  より素敵な女性になるための習い事ベスト5

今回は男性ウケも抜群、そしてなにより自分磨きにも最適な習い事ベスト5をご紹介します! 

女子力もモテ度もアップする習い事って?



「彼氏に“重い”と言われないように、自分の好きなことを見つけましょう! たとえば習い事を始めるとか……」
恋愛マニュアル本や恋愛メディアを読んでいて、こんなフレーズを目にしたことはありませんか?

たしかに彼氏にベッタリにならないよう、自分の輝ける世界をもっておくことは大切ですが、「一体その“習い事”ってなにをすれば良いの?」と疑問に思う方も多いはず。「女性 習い事」で検索すると、「男性に引かれる習い事」や「意識が高すぎる習い事はイタい」などとネガティブワードもずらりと並んでいるので、なおさらどの習い事をすればいいのだろうと、頭を抱えてしまうことでしょう。

そこで、「実際、女性がこの習い事をしていたらどう感じますか?」という質問を男性陣にしてきたので、その男性のリアルな声も必見です♡ 

第5位 女性らしいボディラインもゲットできる“ヨガ”


「ジムに行くのはちょっと恥ずかしい……」という女性にぜひオススメしたいのが、ヨガ。筋肉運動とストレッチ運動をバランス良く取り入れたスポーツなので、体幹が鍛えられ、女性らしいボディラインをつくることができます。女性だけのクラスも多いので、体型や運動神経に自信のない人でも安心です。



男性の意見は?


「ヨガやってますって言われると、それを聞いただけで美意識の高い人なんだな~と思う。あと、なんとなく化粧がナチュラルなイメージ(笑)」(27歳/商社)

「ヨガやっているだけなら全然良いんだけど、食材とかにもこだわりが強すぎる女の子は、正直デートに誘いづらい」(28歳/出版社)

ヨガの男性ウケは“そこそこ”というところでしょう。なかでも多かった意見が「ヨガ自体は良いんだけど、ライフスタイルまでクリーンだと接しづらい」という意見。グルテンフリーやオーガニックしか食べないと言われると、食事のお誘いの仕方に悩んでしまう男性が多く見られました。

第4位 知的でかっこいい“英会話”


「テスト関係なしに、英語を勉強するのは楽しい!」という声をよく耳にしませんか? 学生時代の詰め込み勉強では苦だった英語も、テストを気にせず学ぶととっても楽しい趣味のひとつに……♡ グローバル化が進む社会において、英語はできるに越したことがありません! 

男性の意見は?


「英会話を習ってるのは、知的で印象がいい。向上心を感じる習い事だと思う」(25歳/PR会社)

「この習い事が一番役に立つのでは? そういう意味でも、英語を習っている人は建設的な人柄に思える」(28歳/広告代理店)

知的な印象だと男性からも好評だった英会話。「普段はふわっとしてる女の子が、英語をしゃべれる、みたいなギャップはかなり良いね!」という意見もあるように、かわいらしいルックスの女性こそ、流暢な英語をしゃべれると萌える男性は多いのだとか…♡ 

第3位 おしゃれで女性的だと好評な“フラワーアレンジメント”


Instagramでフラワー用アカウントを作る人が出てきているほどの“お花”人気。その人気もあって、フラワーアレンジメント教室の人気も高まりつつあります。華道ほど厳格でないフラワーアレンジメントは、初心者でも十分楽しめると評判です。



男性の意見は?


「華道って聞くと、お嬢様なのかな? って手を出しづらくなるけど、フラワーアレンジメントならおしゃれな習い事っていう印象。女性らしくて素敵な習い事だと思う!」(23歳/美容師アシスタント)

「生花は運気が上がるから、家に生けてくれたらうれしいな~なんて、一緒に暮らした時のことを想像しちゃう(笑)」(28歳/経営者)

予想以上に男性人気を獲得した、フラワーアレンジメント。華道や茶道などの昔ながらの習い事を支持する男性もいたものの、圧倒的に「意識が高い感じでちょっと……」「お高く止まってそう」などのネガティブイメージを持つ人のほうが多いよう。フラワーアレンジメントなら「堅いイメージもなく、おしゃれで女性らしい習い事だと思う」という意見が大半でした! お花の香りに包まれるフラワーアレンジメントは、女子力アップも期待できそう♡ 

第2位 男子の永遠の憧れ“ピアノ”


ピアノは子供の頃に習っていた人も多いのでは? そんな定番の習い事を、大人になってから復活させる人が増えているのだとか……!



男性の意見は?


「ピアノを弾いている姿って、なんとなく色っぽく感じる」(27歳/エンジニア)

「ダンスをやってる女の子よりも、ピアノなどの文化系の習い事をしている女性の方がタイプ。大人になってもピアノを弾ける人ってなかなかいないみたいだから、弾けるとなるとアピールポイントになるはず!」(28歳/飲食店経営)

この話を男性陣に振ると「うわ~おれ、中学校の時、合唱祭でピアノ弾いてる女の子が好きだったんだよね~」と、過去の“ピアノを弾く女の子”への憧れを語ってくれる男性が多数いました。大人になってからもその記憶は健在。ピアノが弾ける女性には、いつだって憧れがあるようです! 

第1位 王道だけどやっぱり大切な“料理”


女磨きにも、モテ度アップにも欠かせないのが「料理」。今までもさんざん「男の胃袋を掴め!」と言われてきましたが、それは当てずっぽうに言っている訳ではなく、きちんと男性の人気を汲み取った意見であることが今回の取材を通して判明しました! 昔から幾度となく繰り返されたこの言葉は、非常にリアリティのある格言です! 

男性の意見は?


「やっぱり料理の上手い・下手は大切。就職しても実家を出ない女の子も多い時代だからこそ、こうして教室で習ってくれるとありがたい」(29歳/アパレル関係)

「フランス料理とかを作って欲しい訳ではなく、ごく普通の手料理がおいしいと上がる! 調理方法のコツとかを教えてくれると、本当に料理上手なんだなって思う」(24歳/IT会社)

実は簡単そうで難しい家庭料理。これを上手に作るには、料理の基本をしっかりマスターすることが大切なんです♡ 男性を虜にする手料理を作れるようになるためにも、料理を習い始めるのはかなり良い案と言えますね♪ 

(C)LAURIER PRESS
(C)LAURIER PRESS

いかがでしたか?
こうして見てくると、「普通っぽい」習い事が多数並んでいることが分かるかと思います。それもそのはず。男性は「なにそれ?」というような習い事に批判的なようで、むしろ「普通っぽい」習い事に対して好感度が高いという結果になりました。

たとえばベリーダンスやワイン講座、スピリチュアル教室など、あまり知られていない習い事をしていると聞くと「意識高いわ~」と思われてしまう危険性が高いのかも。

男性ウケも抜群で自分磨きとしてもタメになる、そんな習い事を、ぜひこの春から始めてみてはいかがでしょう♡
(Mone)

EDITOR

Mone
ライター/コラムニスト/PR/スタイリストアシスタント/女子大生 女の子業界のプロフェッショナルになるべく修行中。お洒落と旅行と読書が好き

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきライフスタイル記事5選♡