嫌な気持ちを切り替える方法 幸せを引き寄せる1日の始め方と終わり方って?

幸せを引き寄せるには、毎日「いい気分」でいることが大事。これまで何回もお伝えしてきましたが、ウキウキ、ワクワクいい気分でいる人からは、よい波動が出て、ステキな人やうれしい出来事が、自然と集まってくるものです。

(C)LAURIER PRESS
(C)LAURIER PRESS

嫌なことがあったとき、どう気持ちを切り替える?


とはいえ、毎日仕事でクタクタだし、ときには仕事でミスをして上司に嫌みを言われたり、彼氏と喧嘩をしてしまったり……。嫌なこともあれば、悩んでしまうこともあるでしょう。「いつもいい気分でいるなんて無理」という気持ちもわかります。

だからといって、嫌な気分を引きずっていたら、あなたにとっていいことは何もありません。マイナスな出来事を引きずらないように心がけることが大切。気持ちを切り替えるための、自分なりの「儀式」を作るとよいと思います。

1日の終わり方:マイナスな気分のまま眠らないこと!


何か嫌なことがあった日は、そのままの気分で寝ないこと。寝ている間は潜在意識につながりやすいので、マイナスな気分のまま寝るとそれが頭に刻み込まれて、もっとマイナスな出来事を引き寄せてしまいます。

心地がいいことをしよう


そういうときは、嫌なことをちょっとでも忘れられるように、自分の好きなことをしてリフレッシュすることを心がけてください。



たとえば、マッサージをしてもらう、ジョギングなどの運動をする、ゆっくりお風呂に入る、アロマテラピーで自分の好きな香りを楽しむ……。嫌な気持ちをどこかに飛ばしてしまえるような、気分転換になることでしたらなんでもOK! とにかく、あなたが感覚的に「あ~、気持ちいい♪」とうれしくて笑顔になれることをしてみてください。

いい気持ちになれば、その一瞬でも嫌な出来事や気分は忘れられます。意識的にマイナスな気分を断ち切ってから寝るようにすると、気持ちの切り替えをしやすい体質になっていきます。

1日の始め方:意識的に気持ちをリフレッシュさせて


EDITOR

奥平亜美衣
作家。お茶の水女子大学卒。『アミ 小さな宇宙人』の内容に従って引き寄せを実践したら現実が激変。ブログが評判になり、著書が次々とベストセラーに。現在バリ島在住

関連記事

今、あなたにオススメ