一緒にいても“きゅん”としない…? 彼氏とのマンネリ解消法♡

彼氏との関係がマンネリ化しちゃうとき、彼氏と一緒にいても、いまいち“きゅん”としないとき、どうするべきなのかについて、今回は見ていきたいと思います。さっそくご紹介しましょう!

(C) LAURIER PRESS
(C) LAURIER PRESS

1.ふたりで2万円のデートをしてみる


彼氏とのデートで、毎回数千円しか使っていないカップルは、ときにはふたりで2万円ほどのデートをしてみてはいかがでしょうか?

お金が見せてくれる彼氏の魅力とか、恋の魅力って、あなたが思っている以上にたくさんあります。ふたりで「新しい感動」とか「新しい刺激」を体験することで、ときめきがふたたび戻ってくることもあるのです。

すてきなデートのためにお金をためよう!


たとえばふたりで2万円を、彼氏が1万円、彼女が1万円、というふうに半分ずつ負担するとしても、若いとどうしても、その1万円が出せないこともあるかもしれませんね。

でも、そのときのために貯金しておくと、出すことが可能になりますよね? 貯金って、それこそ「老後のために」するものでもあるわけですが、そればかりが目的ではないはずです。

ときめきがない関係に、ふたたび息吹を吹き込むためにお金をためて、それをつかう。これだって、「知恵のある賢い支出」です。支出というか、未来のふたりに対する「投資」です。恋愛に限らずなんでも、成長するものは、ほどよく賢い投資を受けているものです。

2.2週間くらい彼氏と会わないようにしてみる



彼氏のことが好きだけど、彼氏と一緒にいてもきゅんとしない、というときって、彼氏と一緒にいることが当たり前になってしまっていて、彼氏の「いい面」が見えなくなっているときでもあると思います。

たとえば2週間くらい彼氏と会わないようにすれば、彼氏のいい面を再認識できて、「やっぱりわたしにとって彼は必要な人だ」とかと思えてくるのです。

この方法のコツは?


「あなたのいい面を再認識したいから、2週間くらいあなたと会わない」と彼氏に伝えても、彼氏は「?」と思うかもしれませんよね。だから、仕事が忙しいふりでもして、しれっと会わないようにするといいと思います。

EDITOR

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ