彼氏と長くつきあう秘訣♡ 彼氏の前では自己中でもOK?

誰だって「嫌われたくない」という気持ちは、ごくふつうにあるわけですし、「嫌われるかも」という恐れより、「好かれたい」という前向きな気持ちを強く持ちましょうと言われたところで、気持ちの動きってほぼ無意識なものなので、ちょっとどうしていいのか、わけがわからないですよね。
もう少し具体的な「彼と長くつきあう秘訣」について、今回は見ていこうと思います。

(C) LAURIER PRESS
(C) LAURIER PRESS

1.もっと自己中になってみよう!


彼氏と長くつきあっている彼女にお話をお聞きすると、わりと自己中心的な発言も出てきます。たとえば「彼氏に100%満足しているわけではないけど、彼氏の高収入なところが好きだからつきあい続けている」とか……。

つまりわりと計算高いわけですが、それでも別にかまわないのではないかと思います。彼氏とつきあうことで、なにかメリットがある、このメリットを具体的に言える人は、それなりに長い交際になっているように見受けられます。

この方法のコツは?


恋は純度100%のピュアなものでないといけない、という考えをあまり信用しないことではないかと思います。恋愛といえど、人間関係なわけですから、そこには当然、メリットとデメリットを天秤にかける気持ちもあるでしょう。

天秤にかけた結果、デメリットのほうが多かったとしても、メリットが得難いものであれば、黙ってつきあい続けるとか……これくらいのしたたかさがあったほうが、恋って長持ちするのかもしれません。

「100%好き」とか「100%計算なしの純粋な愛」なんてものを、あまり信用しないことです。そういうのって、たまに発見するからいいのであって、なんでも純粋無垢なだけのものって、わりと崩壊しやすいのです。

2.共通の「男友だち」を作っておこう



恋愛が長く続く秘訣のひとつに、「共通の友だちがいる」というものがあります。彼氏とけんかしたときなどに、ふたりの共通の友だちに相談することができれば、どうにかけんかが収まって、彼氏との関係が修復できる、ってもんですよね?

でも、友だちといっても女友だちより男友だちのほうがいいです。彼氏とあなたとの共通の男友だち。彼氏という男のことがよくわかっているのは、男です。だから男友だちのほうがあなたが「彼氏という存在(=男)を理解するのに」いいのです。

この方法のコツは?


彼氏との間に亀裂が入ったとき、わりと多いのが「彼女が、自分の女友だちに相談する」ことだろうと思います。相談しやすいし、愚痴りやすいですよね? 自分の女友だちに相談して(愚痴って)、すっきりして寝る……というのでも結構かと思います。

でも、おおかたのカップルのけんかって、「彼女が彼氏のことを理解し」ないと、前に進まないですよね? もちろん「彼氏が彼女のことを理解し」ないと、前に進まないこともあるわけですが、けんかしたら彼女のほうが真っ先に誰かに相談するケースがほとんどでしょ?

だから、相談できる共通の「男」友だちがいたほうが、強いのです。

3.できるだけ彼と一緒に食事をする機会を増やそう



これは結婚生活にも言える「絶対的な鉄則」です。カップルで一緒に食事をする機会が多ければ多いほど、そのカップルは長持ちします。

親子関係でも、バイト先の人間関係でも、すべて同じだろうと思います。たとえ週に1回しかバイトのシフトを入れてなくても、バイトあがりにスタッフ全員でまかないを食べると、わりと人間関係がきちんとできますよね?

仲が悪い親子関係であっても、月に1回あなたが実家に帰ったとき、親が「ごはんくらい食べて帰りなさい」と言ったら、それだけで救われた思いがしたことってありませんか? それと同じことです。

この方法のコツは?


週に1回しか彼とデートしないカップルであっても、会うのならちゃんと朝昼晩と、3回一緒に食事をとってみてはいかがでしょうか。

できれば彼氏にご飯を作ってあげるとか、彼氏がご飯を作るとか、そういうことのほうがいいかと思いますが、そうではなくても、おいしいものを一緒に食べると、不思議と仲良くなれるんです。今仲がいいカップルは、「もっと」仲良くなれるのです。


彼氏と仲が悪くなって別れるきっかけが、ほんの些細なことであるように、彼氏と仲良く長くつきあい続けることができるきっかけも、本当に些細なことです。

この些細なことの積み重ねが、キラキラしたステキな恋を呼んできます。この春、彼氏と一緒に些細な、本当になんでもないことを、大切にしてみてはいかがでしょうか。
(ひとみしょう)

EDITOR

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべき恋愛記事5選♡