彼氏と会うのがめんどくさいと思ったら別れるタイミングかも?

体調が悪かったり、仕事やバイトが忙しかったりすると、なんとなく「彼氏に会うのが面倒だな」と思ってしまうこともあると思います。面倒だと思っているうちに、彼氏のイヤな部分ばかりが思い浮かんじゃったりして、でもまだ彼のことは好きだし……という葛藤をする自分のこともイヤになったり。

(C) LAURIER PRESS
(C) LAURIER PRESS

さて、彼氏と会うのが面倒だと思えてきたときは、どうするべきなのかについて、今回は見ていきます。

1.ウソでも「具合が悪いから寝る」と彼氏に言う


彼氏があなたのことをまだ好きだという状況であれば、彼氏に適当なウソをついて会わないようにする、という方法はいかがでしょうか。

「ここのところ仕事が忙しくて、ずっと睡眠不足だから、今週末はデートしないでおうちで寝てる……ごめんね」とか。

この方法のコツは?


彼氏にズバッと「あなたに会うのが面倒くさい」と言えば、当然彼は悲しみますよね。また自分の気分的にも罪悪感が芽生えてしまうと思います。

よく言われているように、男心って女子の心とはまた別の意味で、非常にデリケートなものです。「ウソでも」疲れているから会いたくないとか、忙しいから会いたくないとかと言ってあげる「優しさ」が求められるのではないでしょうか。

2.なりたい自分になれるチャンスと捉える



彼氏と会うのが面倒だと思えてきたときって、もうそのカップルは破たん寸前といっても過言ではありません。彼氏のことが嫌いで「会いたくない」というわけではなく、まだ好きな状態で「会いたくない」というのだって、破たん寸前と捉えてもいいときがあります。

「なんとなく、彼と一緒にいてもしっくりこない」とか「なんとなく、彼とこのままつきあい続けていても輝かしい未来が見えない」というケースって、すでにあなたの気持ちが彼氏を離れて、「自分だけの新しい場所」に歩き出しているわけです。

本当に彼氏のことが好きなら、それこそ高熱があろうと、物理的な距離が遠かろうと、会いに行きますよね? 会いに行かないというのは、あなたはすでに彼氏との未来を捨てて、あなた独自の新しい世界に行こうとしているわけです。

この方法のコツは?


EDITOR

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ