振られたほうが良い!? 彼氏から別れを切り出して欲しいと思う女子の心理

別れは痛みを伴うもの。お互いが同時に別れたい気持ちが募り「いっせ~のせ!」で別れることができたら楽だけど、たいていは「相手を振るか、相手に振られるかのどちらか」になってしまうのが恋の終わり方。

(C) LAURIER PRESS
(C) LAURIER PRESS

別れる時は「振るより振られる方がツラい」というのが恋の定説にもなっているが、「自分が振られる方がマシ」と思っている女子も意外に多いのだ。それにはこんな訳がある。

1.振られた時の悲しみを彼に味わって欲しくないから


・「自分の彼氏には振られた時の悲しみを味わって欲しくない。確かに振られるのは辛いことだけど、その辛さを相手にかぶせたくはないです」(20代・福祉関係)

・「相手に悲しい思いをさせるより、自分が振られて寂しい思いをした方がいいから」 (20代・ホテル)

振られることがどんなに苦しいことか分かっているからこそ、彼を振りたくないという健気な女心。相手にダメージを与えるくらいなら、自分が……という気持ちは“恋愛”というより“情愛”というもの。本気で愛した相手に自分から逃げ出したくはないのだ。

2.自分から切り出せないから


・「自分から別れは切り出せない。相手が優しい人であればあるほど言い出しにくい」 (30代・広告)

・「自分から別れ話をしたとしても、なんであんなにいい人を突き放してしまったのかな……ってあとで後悔しそうで怖い」(20代・旅行業)

自分から彼を振ってしまったら彼への罪悪感に苦しむかもしれない、また、「いい人だったのに」と後悔するかもしれない、などと想定すると、余計自分からは言い出しにくくなるのだ。



3. 周りから責められたくないから


・「その後に好きになった男性から元カレのことを聞かれたら『わたし、振られちゃったんです……』って慰めてもらえるけど、自分が振ったとなると変な空気になりそう」(20代・販売)

・「以前、彼氏を振ったことで女友達からは非難轟々。元カレのことを知っている友達は『なんであんな優しい人を!? もったいない!』とさんざん責め立てられました。振られれば被害者だから女友達は慰めてくれるけど、振る側だと悪者扱い」(30代・アパレル)

EDITOR

神崎桃子
体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ