オーバーリアクションで失敗してない? 好きな彼へ自然にアピールするコツ

恋愛あるある話のひとつに「好きでもない人からは好かれるのに、好きな人からは好かれない」ということがある。自分から好きになる人とはうまくいがず、いつも片思い。なぜこんな現象が起きてしまうのか、今回はそれを解明してみた。

(C)LAURIER PRESS
(C)LAURIER PRESS

好きな人に“嫌われたくない”という思いが強すぎていない?


あなたは好きな人に対して、臆病になりすぎていないだろうか? 自分に自信がなくて、「こんなこと言ったら嫌われるかな?」「こんなことしたら図々しいと思われちゃうかな」なんてことばかり考えてしまい、相手に“自分を出さなすぎている”なんてことはないだろうか。

好きな相手に接触するとき“嫌われたくない”意識が働きすぎると、かえって何もできなくなるもの。相手から“どう思われてしまうのか”という不安から、自然と自分の行動をセーブしてしまうのだ。

意識しなければ、自然に振る舞える


しかし、好きでもない人の前ならいつも通りに自然に振る舞えているのでは。自分の意見を素直に言えるだろうし、自分のことをちゃんと表現できているはずだ。つまり、どうでもいい人にはあなたの本来の魅力が伝わってしまうからこそ“好きでもない人からは好かれる”という図式になってしまうのである。

ならば、好きな相手に対する自分の態度を改めて考えて欲しい。

好きな人の前では笑顔でいるべき



好きな人に接触するときに、失敗したくないあまりに反応や言葉数が少なかったり、ぎこちなかったりしていないだろうか? そうなると、あなたのことをむしろ「俺といても楽しそうじゃない、つまらなそう」「そっけないし、ノリが悪いし、俺って嫌われてるのかな?」と思われているかもしれない。
“嫌われたくない”ことに捕われて、あなたがビクビクして尻込みすればするほど、相手には好意が伝わらないどころか勘違いされてしまうのだ。

自分で自分の印象を下げているなんてもったいないこと。“嫌われたくない”ことを考えるより、好きな人の前ではよく笑うことの方が先決なのだ。

自分をよく見せようと、頑張りすぎているかも



EDITOR

神崎桃子
体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ