トレンドの #水光肌 はポール&ジョーで作れる♡  肌質に合わせて選ぼう

2017年も引き続き内側からみずみずしくツヤめくような肌がトレンドです。とくにIKKOさんがご紹介されてから注目されているのが、韓国のオルチャンメイクから火がついた「水光肌(すいこうはだ)」。

今回は大人気の『Paul&JOE(ポール&ジョー)』のアイテムで、水光肌を作っちゃいましょう♡

ポール&ジョーのアイテムで、水光肌を作ろう♡
ポール&ジョーのアイテムで、水光肌を作ろう♡

今注目されている「水光肌」って?


タレントさんやモデルさんのお肌って、ツヤツヤと光っていますよね! このように光を反射して、つるんとゆで卵のように艶めいている肌のことを「水光肌」と言います。一歩間違えるとテカッテカになってしまうけれど、テカリに見えないギリギリのラインで作り上げられた肌は、内側から水がにじみ出ているようなじゅわっと感が色っぽい! ……っていうことらしいです。

水光肌に近づけるアイテムって?


確かに、韓国女子のメイクも最近ではマットな陶器肌より、ツヤツヤと発光している色白お肌の女子が多いですもんね! またトレンドのクッションファンデも、水光肌を作るために欠かせないアイテムの一つ。

そこで、今回紹介するのが大人気デパコス『ポール&ジョー』! 定番アイテムから2017春夏の新作まで、水光肌を作るためにおすすめなアイテムをみていきましょう♪

大人気のプライマーはお好みに合わせて!


今や定番中の定番となったプライマー。みずみずしいテクスチャーで、乾燥を防ぎながらしっとりした肌を仕上げてくれる人気アイテムです。

Paul&JOE(ポール&ジョー)の大人気プライマー♡
Paul&JOE(ポール&ジョー)の大人気プライマー♡

まずは、定番の『モイスチュアライジング ファンデーション プライマー S』をご紹介(写真:左)。全3色展開で、筆者は明るめの「01」を普段使いし、気分で少し暗めの「02」を使用しています。白浮きすることはないので、肌が明るい方には「01」がおすすめです。



さらに紫外線対策も!


ただ、この定番のプライマーは“SPF15 PA+”なので、紫外線が強くなるこれからの時期には物足りないかも……。そんな方には『プロテクティング ファンデーション プライマー S』がおすすめ! “SPF42 PA+++”と通常のプライマーよりも高いUV効果が期待できます。



2つの違いは?


実際に使ってみると、『プロテクティング ファンデーション プライマー S』の方が肌がテカっとする印象。“THE 水光肌”を作るにはもってこいの下地です!

ただし、脂性肌の人は要注意! よく言えばしっとり水っぽいのですが、オイリー気味の人やニキビができやすい人には、時間が経つとオイル感が強くなる気がします。なので、テカリが気になる場合は日焼け止め乳液などを使った上にプライマーを使うことをおすすめします(ただし筆者の個人的な使用感なので、実際に試してみてください)!

ベタつくのはいやだけど、肌を明るくしたい!


さて、

・ベタつくのは嫌
・美肌にしたいけれど、のっぺりさせたくない
・ハイライト効果でメリハリが欲しい
・乾燥させたくない(ツヤを残したい)


という方におすすめな組み合わせがこちら! プライマー×『イルミネイティング タッチ ペン 01』の合わせ技です。

トレンドの #水光肌 はポール&ジョーで作れる♡  肌質に合わせて選ぼうの7枚目の画像

べったりとしたコンシーラーが嫌い、でもちょっとしたクマを消して血色をよく見せたい! という願望を叶えてくれる『イルミネイティング タッチ ペン』。クマの部分とTゾーン、口角に入れるだけで、パッとくすみが取れる優れもの。カバー力はそこまで強くないので、シミやほくろ、ニキビを消せるものではなりませんが、肌のくすみをとってハイライト効果を出してくれるので、失敗がなく“ちゃんとメイクした感”が出ます。

肌が明るい方はプライマー「01」に、よりメリハリをつけたい方はプライマー「02」に合わせましょう!



お好みの仕上がりに合わせて、重ねるアイテムをチョイス!


最後に、仕上がり別に重ねるアイテムを変えていきます。

左:プレスト フェイス パウダー / 右:エクラタン ジェル ファンデーション N
左:プレスト フェイス パウダー / 右:エクラタン ジェル ファンデーション N

・サラサラにしたい
・テカテカ、ベタベタなおでこは嫌
・顔全体のくすみを取りたい


という方は、プライマーや手持ちの下地の上に『プレスト フェイス パウダー 02』のラベンダーカラーがおすすめです!(写真:左)キレイなツヤを出しつつテカリを抑えてくれるため、外出先でのお直しにも重宝しますよ♪



逆に、
・しっとりさせたい
・とにかくマット肌が嫌
・チークの部分をツヤツヤにしたい
・メイクレスに見えるくらいに自然にしたい


という方には『エクラタン ジェル ファンデーション N』がおすすめです!(写真:右)顔全体に塗ってもいいのですが、下地を塗った後にシミやそばかすができやすいところにパフでオン。筆者は頬の高い部分と、小鼻の周りの少し赤みが出るところにだけ使っています。

普段はファンデが嫌いなので下地+プレストパウダー派ですが、こちらはしっとり、ひんやりしていて“ファンデを塗っている感”がまったくないのがうれしいところ。しっとりとお肌が潤って、保湿したばかりの肌が外出先でも続く気がします。

ただし、『プロテクティング ファンデーション プライマー S』と一緒に使うとツヤツヤになりすぎることも……。Tゾーンは結構テカリやすいので、出先のお直しは必須です!



自分の肌にあったアイテム選びが一番大切


SNSなどで話題になると「すぐに自分も使いたい!」と思ってしまうかもしれませんが、やはり試してみて自分の肌質に合う製品を使うことが一番大切。人気のポール&ジョーからもたくさんのアイテムが出ているので、ぜひ自分の好みの質感のものを選んでみてくださいね♪
(ヤマグチユキコ)

この記事を書いたライター

ヤマグチユキコ
コスメと恋愛ネタを書いています♡ キャンドルをつけてリラックスするバスタイムが好き!

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡