結婚するなら2番目に好きな人と!? ドラマ『あなたのことはそれほど』の見どころ

「女子は愛されて結婚するほうがいい」「結婚には妥協も必要」といった教訓は、とてもよく聞かれますよね。自分が好きな人より、好いてくれる人と結婚したほうが女性は幸せになれる。恋愛相手と結婚相手は違う。世の中はそういうものなのだろう、と思って結婚したあとに、昔好きで好きで仕方がなかった人が目の前に現れたら――。

4月18日(火)22時からドラマ版もスタートする、いくえみ綾さんの作品『あなたのことはそれほど』は、そんな女性が主人公の物語です。

「二番目に好きな人」だと自覚しながら結婚を決めた主人公


『あなたのことはそれほど』(c)TBS
『あなたのことはそれほど』(c)TBS

眼科クリニックで医療事務として働く29歳の美都(波瑠さん)。患者として来ていた涼太(東出昌大さん)に一目惚れをされ、交際間もなく結婚をしています。
居心地のよさと安心感だけで結婚を決めた美都ですが、実は中学生の頃から、大きな恋わずらいにかかっていました。相手は同級生の有島君(鈴木伸之さん)。とにかく大好きで、卒業後に会えなくなってもずっと好きで、“運命の相手”だと信じていた相手でした。まもなく結婚1年目を迎える頃、そんな彼に偶然再会してしまうところから物語はスタートします。

『あなたのことはそれほど』(c)TBS
『あなたのことはそれほど』(c)TBS

美都にとって、夫の涼太は「ふつうの人」「すごくいい人」、そして「二番目に好きな人」。そうハッキリ自覚している美都は、いつか罰が当たると思いながら、有島との関係にのめり込んでいきます。有島とのメールでは、涼太のことを「小熊」と呼び、少し馬鹿にするような態度も取っています。

鈍感そうに見える涼太ですが、美都にベタ惚れのため、彼女の心の奥にある気持ちには以前から勘づいていました。そして、ついに目の前に現れたその相手との不倫関係も、あっという間に知ってしまうのです。

しかし涼太は怒りません。貼りついたような笑顔で「愛し続ける」と美都に伝えます。その反応に戸惑いイラつく美都ですが、一方で有島への思いはエスカレート。有島の妻・麗華(仲里依紗さん)にわざとらしい接触をして、二人の関係を気づかせるような行動もします。

『あなたのことはそれほど』(c)TBS
『あなたのことはそれほど』(c)TBS

EDITOR

外山ゆひら
対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ