彼氏とのケンカでいつも彼女が謝ってない? “とりあえず謝る”がダメな理由

あなたは彼氏とケンカしたときにすぐ謝まっていませんか? もちろん明らかに自分が悪かったときは素直に謝罪するのは当然のことでも、悪くなくとも“とりあえず謝ってしまう”人も少なくないと思います。

(C) LAURIER PRESS
(C) LAURIER PRESS

でも、ケンカを早く終わらせたいばかりに謝りすぎてしまうのは考えもの。自分がいつも先に謝ってしまうことで、それがパターン化されてしまうのです。

彼女が謝るパターン1.とりあえずその場を丸くおさめたいから


・「とりあえずその場をおさめたいから私からすぐ謝るようにしてるけど、なんだかそれが彼氏にとっては当たり前になってるみたい。簡単に謝りすぎてしまったことで向こうがいつも大きい態度取るようになってきた気がする」 (31歳・IT)

・「付き合ってる相手は普段はおとなしくて優しい人なのに怒るとすごく口が悪くなる。彼の罵倒を聞きたくないし、怖いから早く終息させたくてつい謝ってしまう」(24歳・販売)

・「彼氏はかなりねちっこい性格でケンカするとめんどくさい。言えば言うほど、めんどくさくなるから、とりあえずその場をおさめたくてあやまる感じ。もちろん表面上で謝ってるだけだけど」(33歳・エステ)

・「ケンカの原因はいつも相手が作ってるのに私がそれを指摘すると逆ギレする。相手に切れられて私が怒られる……。責められるのがウザいので仕方なしに私が謝るハメに。私が謝ればなんとなく事態は収まるけど、モヤモヤします」(29歳・スポーツインストラクター)

その場をおさめるために謝るのはストレスの原因に……


「これ以上コトを大きくしたくない」「もめたくない」ということから自分から謝ることを選んでしまう女子は多いものです。確かに事態が悪化するまえに、早めに火種を消してしまいたい気持ちが生まれることもありますが「自分が我慢すれば……」というのは得策ではありません。

ケンカを長引かせたくなくて自分の気持ちをムリに封じ込め、表面上では平気なふりをしたとしても、心のモヤモヤは消えないしその不満は決して鎮火はされないですよね。消化不良のケンカはストレスとして蓄積されてゆくのです。

EDITOR

神崎桃子
体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ