脱量産型女子! ゴールデンウィーク明けに大学デビューをやり直す方法♡

この春、晴れて大学進学♡ 大学デビューするぞ! と意気込んでいたものの、あまり友達はできないし周りからの扱いも高校の時と変わらない……と悩んでいる人はいませんか?
そんな大学デビューに失敗しちゃった人に提案! ゴールデンウィーク明けからできる、大学デビューのやり直し方をご紹介したいと思います。

量産型女子は卒業しよう



大学デビューを失敗した人で多いのが、量産型女子になってしまっている人。みんなと同じような格好や髪型、メイクのため、よほど目立つような性格でない限り、思ったような大学デビューができないのです。

一番わかりやすいのが、茶髪のふんわり巻き髪に、白いブラウス、花柄やチュールのスカートなど。流行とあまり関係なく、毎年春にはこのような格好の女子が増えます。

自分の趣味とは違う服を選ぶ!


量産型女子を卒業するには、今まで自分が選ばないようなアイテムを選んでみて。好みだけで選ぶと、なんとなくみんなと同じようなコーデになってしまいがちなので、あえて自分っぽくないアイテムに挑戦することで量産型女子を脱出しましょう。

また、おしゃれな友達に服を一緒に選んでもらうのも◎

もう一度美容院へ行って髪色をかえよう


(C) LAURIER PRESS
(C) LAURIER PRESS

大学の入学前に、明るすぎる茶髪にしてしまった人はいませんか? カラーモデルなど「安くできるから」といって、美容師さんの言いなりになってしまったり、高校の時の校則が厳しすぎたことから大学進学の時にブリーチしちゃった……なんて大学デビューのイメチェンに失敗してしまった人も多く見かけます。

日本人はもともと黒髪の人種なので、明るすぎる髪色を自分のものにするのはなかなか難易度が高いもの。皮膚の色や目の色と会っていない髪色は、そこだけ浮いてしまうので結構違和感を持たれてしまうのです。

暗色&ツヤ髪は男女ともにモテる


このゴールデンウィークにもう一度美容院へ行ってみましょう。ブリーチをした髪に暗めなトーンのカラーを入れれば、自分としてもそっちの方がしっくりくると思えるはずです。

EDITOR

彩香
フリーランスライター・エディター。家なし金なし彼氏なしの生活を送っていたが、今年交際0日婚を決める。ミニマリズム信者

関連記事

今、あなたにオススメ