好きじゃない男性からの告白を断る時に、絶対言ってはいけないことって?

その気がない人からの告白は、返事をするにもどう伝えたらいいか悩みますよね。今回は、断る時に言ってはいけないことや、関係を壊さない上手な対処法をご紹介したいと思います。


告白を断る時に絶対言ってはいけないこと


その気がない人からの告白を断る時、言い方を間違えると、その後の関係が悪くなることも……。さっそく告白を断る時の、NGワードを見ていきましょう。

外見などの断る理由をはっきり言うのはNG


「顔が好きじゃないからごめんなさい」「タイプじゃないから付き合えない」など、どんなに好みの相手ではなかったとしても、外見などを理由をはっきり口に出すのは厳禁。相手の性格によっては、はっきり言ってあげたほうが伝わりやすい場合もありますが、コンプレックスな部分を刺激することで逆恨みを買う可能性もあります。

あくまでも建前は「仕事(勉強)で忙しくて付き合うことは考えられない」「好きな人がいるから」など、別の理由で断りましょう。相手を必要以上に傷つけても良い事はありません。

脈があるような断り方もNG


逆に、相手を傷つけまいとあまりにはっきりしない返事も考えもの。

「今は付き合えない」と言われると、「じゃあいつかは付き合えるのかな?」と思ってしまったり、次回にチャンスがあることを期待させてしまうことになります。曖昧な返事をされた方は「押せば何とかなるかもしれない」と、何かの折に何度も告白を重ねてしまうケースも。

本気でその気がないのなら、「ごめんなさい」と短い言葉で良いので、一度の告白できっちりとカタをつけてあげましょう。それが相手にできる最大限の優しさです。

告白を断る時は今後の関係も考えて



告白してきた男性が自分の友人だった場合、どう答えていいか困りますよね。告白を断ったせいで疎遠になってしまう……というのも悲しい話です。

そんな時は、きちんと断る返事をした後で、「友人関係を壊したくないし、今まで通り接してね」などと伝えるのがオススメ。次に会った時に気まずくならないためにも、この一言が大切です。

相手を気遣いフォローすることも大切


EDITOR

キノシタマユコ
美容師、広告プランニングを経てフリーライターに。現在は、情報誌やWEB媒体でさまざまなジャンルを執筆している

関連記事

今、あなたにオススメ