同棲中でもずっとラブラブでいたい! 仲良しカップルでいるための秘訣って?(PR)

新生活のスタートの時期、春♡ 「彼氏と同棲をスタートさせることになった」という方もいるのでは?
大好きな彼との同棲生活にウキウキする半面、新たな環境には不安もつきもの……。というわけで今回は、先輩ラブラブ夫婦に聞く「いつまでもラブラブであるためのコツ」をご紹介します♡



同棲生活で気を付けたい 大好きな彼といつまでもラブラブでいるためのポイント


同棲生活では、毎日大好きな彼と顔を合わせることができる分、今まで知らなかった相手の一面を知ることにもなります。
家族に近い存在になるからこそ、お互いを尊重したいもの。ラブラブカップルを目指すために気を付けるべきポイントは? 結婚後もラブラブでいるご夫婦にその秘訣をリサーチしてみました♡

お互い忙しいからこそコミュニケーションはしっかり取ろう



週に数回のデートのためなら、忙しい仕事を切り上げて時間を作ることもできますが、一緒に暮らすとなるとパートナーのことばかり優先するわけにもいきません。
早く帰れる日もあれば、どうしても忙しくて帰りが遅くなることだってありますよね。

一緒に暮らしているのに、過ごす時間が少なくて寂しい……という気持ちになることもあるかもしれませんが、そこはぐっとこらえて。
ラブラブ夫婦のSさん曰く、2人がそろう貴重な時間はこんな風にコミュニケーションをとるのがおすすめとのこと♡

「お互いが忙しい分、家事はできるだけ協力するようにしています。時短家電を積極的に取り入れて2人の余暇の時間を作るようにしています。
あとは自宅でのカフェタイム。平日は週に2回程度、土日は基本的に毎回時間をとっています。
平日は夕食後、休日は朝食後にお気に入りのコーヒーや紅茶を飲みながら、美味しい外国のお菓子を食べるんです。
美味しいものを食べたり飲んだりした後って気分がいいので、2人でのカフェタイムのコミュニケーションはとても和やかで楽しいです」

一緒に暮らす"家"の居心地がいいことってとっても大事ですよね。
疲れた体や気持ちをほっこり癒やせるような環境つくりは、2人のラブラブ度を深める上でも大事なポイントです!

お互い協力し合うことが大事 家事は2人で分担!



家事=女性の担当 という考えはちょっと古い! お互いのストレスにならないように、きちんと話し合って分担するのがラブラブカップルのルールです!
例えば、曜日毎に振り分ける形でもいいですし、得意分野をそれぞれが担当するという分担の仕方でもいいと思います。
「自分は料理を担当するから彼は掃除担当」など、2人が納得できるルール作りをしっかりできていればケンカになることもありませんよ♡

「うちの場合は夫が出張が多くて家をよく空けるため、どうしてもわたしに負担がかかりがち。
でもその分、夫もわたしに、仕事と育児の両立に完璧さは求めていなくて、『手は抜いていいよ!』っていうスタンスなので、お互いができることを補完している感じですね。」(Mさん)

お互い、負担にならない形で分担できているのはとてもいいことですよね!
「自分ばっかりやっている」「相手にやってもらえばいいや」そんな気持ちを抱えているといつか必ず衝突するので、ラブラブを目指すならお互いの負担を減らせるよう気持ちの良い付き合いをしたいですね♡

日常のほっこりする瞬間を大切に♡



同棲すれば一緒に過ごす時間が増えるものというイメージがあると思いますが、意外とそうではないもの。お休みが一緒ならまだ時間はとりやすいですが、仕事柄休みが別々だったり、もともと自分のプライベートな予定が多いタイプの人だと、一緒に暮らしていてもずーっと一緒というわけにはいきません。
だからこそ、日常のちょっとした瞬間、ほっこりタイムを大事にするのが仲良しカップルを目指すコツ!
1
2

この記事を書いたライター

ローリエプレス編集部
恋愛・ファッション・美容・女子のトレンドに関するコラムを毎日配信中。動画やイラスト付きコラムも多数掲載中!

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡