大注目映画『美女と野獣』がいよいよ公開 エマ・ワトソンの可愛さにキュン♡

ゴールデンウィークを前に、いよいよ話題作映画『美女と野獣』が4月21日(金)より公開されます。
本作は本国アメリカで4月13日に公開され、世界興収で10億ドルを突破。ディズニーアニメーションの名作を実写化した『マレフィセント』や『シンデレラ』を超え、2017年公開作品でもNo.1のペースとなっているそう。

(C) 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

1991年にアニメーション映画として史上初めてアカデミー作品賞にノミネートされた不朽の名作『美女と野獣』が実写化された本作。なぜこれほど大ヒットしているのか? その魅力を探ってみましょう♡

ストーリー


美しい少女ベル(エマ・ワトソン)は、父親で発明家のモーリスと二人暮らし。街ではちょっと変わった女の子として有名だった。そんなある日、発明大会に出かけたモーリスが行方不明に。父の行方を追ったベルがたどり着いた先は、野獣が暮らす古びた城だった。
そこでベルは、父の身代わりに城に残り、野獣と家具になった召使いたちとともに暮らし始める。しだいに野獣が優しい心の持ち主であることを知るが、その一方で街の暴れ者ガストンは野獣を恐ろしい魔物扱いし、街中の人たちと城を襲う計画を企ていた……。

エマ・ワトソンがヒロインのベル役に抜擢!


(C) 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

ヒロインのベル役は、『ハリー・ポッター』シリーズのハーマイオニーでおなじみのエマ・ワトソン。公開当時は「かわいい~♡」という印象だった彼女ですが、今や誰もが見惚れる美しい女性に成長しています。

本作を手掛けたビル・コンドン監督によると、ベルの過去のオリジナルエピソードを盛り込みながら、現代のヒロインにふさわしく、周りに惑わされず自身の道を歩もうとする優しくも強い女性を描いたのだとか。そんなベルを、エマは見事に魅力いっぱいに演じています。ミュージカルシーンも監督は大絶賛! キュートで伸びやかな声を聞かせてくれています♡

他にも魅力的なキャストがたくさん!


EDITOR

ミカマイコ
主に女性誌で、美容・グルメ・旅行・ファッション・ブライダル等、幅広く担当。趣味はスパ巡り。バリ島やタイ、フランスやLAのスパもお気に入り

関連記事

今、あなたにオススメ