初夏にぴったり♡ 不器用でも簡単にできるシャギーストライプネイルのやり方

今回は、利き手にも簡単に出来ちゃう“シャギーストライプネイル”のやり方をご紹介します! 爪に直線を描くのが難しい……! という方も、ぜひ挑戦してみてくださいね♡ 

初夏にぴったり♡ シャギーストライプネイル


ピンク系ストライプネイル
ピンク系ストライプネイル


準備するもの


準備するもの
準備するもの

(左から)
・NAIL HOLIC(ネイルホリック) YE500 (ドラッグストアなどで購入できます)
・AT マットネイル 07 (キャンドゥ、セリア)
・Winmax(ウィンマックス) ベリーピンク(ダイソー)
・AT 濃密グラマラスネイル 21(キャンドゥ、セリア)
・TOPCOAT(トップコート) マットフィニッシュ(キャンドゥ、セリア)
・細筆

その他、お好みでブリオンやメタルパーツなどをご用意ください!

シャギーストライプネイルのやり方


ネイル手順
ネイル手順

※あらかじめベースコートを塗っておいてください

(1)白のマニキュアを塗ります。柄で隠れてしまうので、ムラがあってもOK!
(2)クリームイエローのマニキュアを、いらない紙などに少し出し、それを細筆ですくいます

(3)下から上、上から下、どちらでも描きやすい方で構わないので、シュッ! と線を引きます
★Point. このときに何本も引きすぎるとこの後の行程でカラーが引けないので、2~3本程度を目安にしましょう。塗りかけネイルのように、かすれさせてもカワイイです♡

(4)2色目のライトピンクのマニキュアも同様に引きます。先ほどのイエローよりはやや本数が多くても◎。イエローの隙間に引いていくイメージで引いてください

(5)最後は、一番濃いピンク。今回使用した「Winmax(ウィンマックス) ベリーピンク」はかなりビビッドなので、本数少なめで引きました

(6)最後にマットコートを全体に塗り、根元にお好きな夏パーツをのせたら完成です!

パーツには、夏らしいヤシの木やパイナップルをつけてもかわいいですよ♡




ストライプネイルの注意点


全ての爪にストライプを入れてしまうと、かなりうるさいイメージに……。親指と薬指の2本だけなど、ポイントとして取り入れるのがおすすめです♡

カラーを変えるだけで、イメージがガラッと変わる!


ブルー系ストライプネイル
ブルー系ストライプネイル

こちらは上記のやり方で作った、ブルーバージョンのシャギーストライプネイル。浴衣にはこっちの方が、夏らしくてかわいいかも! 

実際にやってみると本当に簡単なので、なかなか時間が取れない方にもおすすめです! 筆者はネイルだけでなく、紙の上にペンで書く直線すらキレイに引けませんが……こんなにかわいく仕上がりました(笑)。夏がやってくるのにはちょっと気が早いですが、指先から季節を先取りしませんか♡?
(ayako.r)

この記事を書いたライター

ayako.r
元美容部員。現アメーバ公式トップブロガー・HOMEIオフィシャルネイリスト。化粧品検定2級。美容系にも関心高め。

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡