大好きな彼氏と長く付き合うコツ "週末は必ず一緒に"がダメな理由

好きになった彼氏とは長く付き合っていきたいもの……。せっかくつかんだ恋をうまく継続させるためにはどうしたらいいのか、今日は簡単なポイントをお伝えしましょう。

(C) LAURIER PRESS
(C) LAURIER PRESS

恋を長続きさせるコツ1.彼氏と会う頻度を気にしない!


・「好きだからこそ頻繁に会うのは当たり前と思ってた。最低でも週二回は会いたかったし、自分の予定がキャンセルになったときにもサプライズで彼に会いにいったり……。今思うと会うことを強要してたのかな。彼から『付き合うの疲れた』と別れを告げられました。彼はもっと気楽な仲を望んでいたのだと思います」(20代・女性・アパレル)

・「私はデートの予定やスケジュールをしっかり埋めておきたいタイプで、これまで彼氏に『ノー残業デーには映画デート』とか『毎週末は二人で過ごそうね!』とか言ってきた。これまで恋が続かないのはそのせいだったんだと思う。今は何曜日に会うとか週末は二人で過ごすとかを決めつけないでバラバラの時間をあえて作ってます」(30代・女性・総務)

会うことをルール化するのは別れの原因に


長続きするコツは会う頻度にとらわれすぎないことです。相手のペースも考慮しましょう。会える回数で彼の愛情を推し量ってはいけません。会うことをルール化するとそれは次第に負担になってくるのです。

「好きだから週1回は会う」
「カップルな週末は一緒に過ごすもの」
「○○に行きたいからデートする」
というように“義務”を押し付けてはいけません。この先も長く付き合ってゆくなら、短期間でムリして会う必要などないのです。

自分のために時間を使おう


会わないことで不安になったり、ネガティブになったりせず、会えない時間こそ自分のために使いましょう。昔の友達と会って情報交換するもよし、映画を観たり本を読んで心に栄養を与えるもよし、部屋の模様替えで気分転換するもよし、ヨガや水泳で体を動かすもよし……。

彼と会えない時間を自分のために使うことはあなたの恋愛に必ず糧をもたらします。恋人に会えない寂しさや不満を募らせて、家で腐っているような女に男性は魅力など感じません。自分と会えないからと暇をもてあましている女子など鬱陶しいだけ。

EDITOR

神崎桃子
体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ