イスに座りっぱなしは危険!? 美脚&美尻キープのために気をつけたいこと

毎日仕事や学校で、長い時間イスに座っている方が多いはず。じつは、座っている方が背中や腰への負担は大きいって知っていました? しかも、気になるヒップラインにもその影響が出てしまうんです。
というのも、長時間座ることでお尻の筋肉が硬くなってコッチコチに。お尻はやっぱり柔らかくて、丸みを帯びている方が魅力的ですよね♡

(C)LAURIER PRESS
(C)LAURIER PRESS

そこで今回は、雑誌『anan(アンアン)』の特集「麗しの美脚・美尻」から、ぷりっと美尻をキープするための対処法をご紹介します!

ハの字開脚はNG! 内ももに力を入れて座るべし


オフィスや学校、電車の中、家のソファでくつろいでいるときに、脚を“ハの字”にして座ったりしていませんか?

ハの字開脚はNG!
ハの字開脚はNG!
 
じつは、ひざとつま先の向きがバラバラになっていると、膝に悪影響を及ぼし骨が歪んでしまうのだそう。もちろん、床に座って開脚も同じこと。膝がついているので何となくお行儀がいい感じがしますが、じつは骨を歪める原因になっているのです。
美尻を目指すにはひざとつま先の方向は同じにして、きちんと内ももに力を入れてまっすぐ座りましょう!

アイテムを使って、猫背にならない工夫をしよう!


背もたれと座面の間が空いている可動タイプのチェアの場合、背もたれに体をあずけてしまうと腰が空いている空間にハマってしまい、猫背になる危険が……。背筋を伸ばして座るためには、背もたれより前に座るように意識してみて!

一方、固定タイプのスタッキングチェアは背もたれOK。でも、サイズが大きいと脚やお尻がむくむ原因になってしまうんだとか。そういった時は、お尻を包み込むクッションやフットレストなど、市販のグッズを上手に活用! 猫背にならず、自分が心地よいと思える姿勢になれるようにカスタマイズしてみて! 

こんなアイテムがおすすめ!


筆者も骨盤矯正クッションを愛用していますが、固い座面だと坐骨が当たって痛いので、これがあるととってもラクです♪




筋肉を使う&ほぐして、美尻をキープ♡


イスのカスタマイズも大切ですが、自身の体のケアも入念に♡ 自力で体を支えるには、腹筋を使うことが不可欠なんだそう。そのためには、PC作業で前傾しやすい上半身を起こし、背中を立てる姿勢を作って! そしてときどき腰やお尻を動かし、お尻の筋肉が固まらないようにすれば、形のいいお尻がキープできるはず♡

こまめにケアしよう♡
こまめにケアしよう♡


また腹筋やお尻だけではなく、背中の筋肉もほぐすことが必要なのだそう。仕事の休憩時などに大きく伸びをしたり、体をひねったりして体を動かしてみて! ふくらはぎが張っているなと感じたらもんでみたり、こまめなケアを心がけましょう♡

夏に向けてヒップラインが気になる季節……。ちょっとした日々の心がけが美尻につながります。ぜひ参考にしてくださいね!
(情報提供:anan (マガジンハウス) /ミカマイコ)

1

この記事を書いたライター

ミカマイコ
主に女性誌で、美容・グルメ・旅行・ファッション・ブライダル等、幅広く担当。趣味はスパ巡り。バリ島やタイ、フランスやLAのスパもお気に入り

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡