映画『トモダチゲーム』主演・吉沢亮が、“トモダチ”神木隆之介とのただならぬ関係を告白!?

『別冊少年マガジン』で連載中の漫画『トモダチゲーム』の実写化、『「トモダチゲーム」劇場版』が6月3日(土)より公開中。今作は第1弾のドラマ版(Blu-ray&DVD 発売中)に続く第2弾で、秋公開予定の劇場版FINALへとも続くストーリーとなっています。

(C)山口ミコト・佐藤友生/講談社 (C)2017 「トモダチゲーム」製作委員会

主演を務めるのは、その端正な顔立ちと、幅広い演技力で注目を集める吉沢亮さん。仲の良い高校生グループが高額の借金返済ゲームに巻き込まれ、疑心暗鬼の心理戦と頭脳プレイを駆使しながらそのゲームに挑んで行くというストーリーで、ゲームの鍵を握る“片切友一”という人物を演じています。

撮影 大川晋児 (C)LAURIER PRESS

ローリエプレス編集部では、そんな吉沢亮さんに独占インタビューを敢行! 第一弾に続き、インタビュアーはローリエプレスでも活躍中の増澤璃凜子ちゃん♡。インタビュー前編では、主演として挑んだ今作への思いや同年代の方が集まった現場でのエピソードなどを教えてもらいましたが、後編ではローリエプレス読者も気になる、吉沢亮さんのプライベートに迫る質問にも答えてもらっちゃいました♡

女性からの好意には鈍感かも!?


リリコ:今回演じられた“片切友一”というキャラクターについてはどんな印象を持ちましたか?

吉沢:意外と“こういう人”って言えない人だなって。彼の性格がどうこうっていうよりも、その場の状況だったり、対する人だったりによって全然違う表情や態度をとったりするので、お芝居もその辺りを意識して、その場に合ったものをしようとしてました。友達思いなところもある反面、友達を陥れるってことも平気でできる男なので。またそういうところが彼の面白いところでもあるなって。

(C)山口ミコト・佐藤友生/講談社 (C)2017 「トモダチゲーム」製作委員会

リリコ:友一は周りの女性から好意を抱かれているのにそれに全く気づかない鈍感なタイプですが、実際の吉沢さんは敏感、鈍感どっちのタイプですか?

吉沢:うーん、どっちだろう? 自分から気づくっていうのはあんまりないかもしれないから、敏感ではないと思います(笑)。

ロングスカートにきゅん♡ 男性はヒラヒラに弱い


(C)山口ミコト・佐藤友生/講談社 (C)2017 「トモダチゲーム」製作委員会

リリコ:じゃあ、志法(役・内田理央さん)のような自分を引っ張って行ってくれるような女性と、ゆとり(役・根本凪さん)のような自分を頼ってくれる女性。どちらが魅力的だなと感じますか?

吉沢:志法タイプかもしれないです。僕は本当に優柔不断のめんどくさがりなんで、バシっとなんでも決めてくれる人の方が楽(笑)。

リリコ:性格以外ですてきだなと思う女性のファッションとか、立ち振る舞いなどがあれば教えてください。

吉沢:なんだろう……ファッションとかはその人に似合っていればいいと思います。でも、背中がざっくり開いてるのとか、露出が激しいのはあんまり好みではないかも。だから逆に、ロングスカートとかはいいなって思うかな。ヒラヒラ系は好きですね(笑)。男性って揺れるものに弱いらしいので。

撮影 大川晋児 (C)LAURIER PRESS

リリコ:今作はお金か友情かで葛藤する姿が描かれてますが、これまでで「やっぱりお金より何より友達だな」と思うエピソードってありますか? いい友達を持ったな、とかって。

吉沢:エピソードと言うほどのものはないですけど、いまだに小学校のときの同級生とばっかり遊んでいて、そいつらの存在は大きいかも。仕事を始めてから出会う人って、どうしても仕事つながりの部分があるから気を使わなくちゃいけないところもあって。でも、そいつらにはそういうものが何もなく、一緒にいてただただ安心できる。そういう存在の大きさは感じます。

基本的には静かなタイプだという吉沢さん、ただ、友達と一緒の時にはいきなりテンションがあがる瞬間もあるそうで、感情の起伏が激しくなるともお話ししてくれました。

神木隆之介さんが誕生日の0時にしてくれた電話の内容は?

1
2
3

EDITOR

瀧本幸恵
編集&ライター。映画、TV、音楽などのエンターテインメント系で主にお仕事をさせて頂いています

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきライフスタイル記事5選♡

新着記事