夏太りしちゃうのは"冷え"のせい!? 今すぐ始めたい簡単温活美容法

ついつい冷たい食べ物や飲みものをとってしまったり、室内では冷房に当たったりと、暑い夏の体は寒さで悲鳴を上げています。「冷えは万病のもと」と東洋医学でもいうように、体を冷やすことは百害あって一利なし。夏太りの原因も実は冷えのせいという場合も!

夏の冷えの原因って?



暑い夏は意識していなくても、冷たい食べ物や飲み物をとりがち。それだけでなく、エアコンの効いた室内にいることが多いですよね。これらはすべて、夏のダメ習慣。女性は筋肉量が少ないので、男性に比べてもともと冷えやすいと言われています。そのため体を冷やすダメ習慣を続けていれば、知らず知らずのうちに、外は暑くても体内は冷え冷えという状態になってしまうのです。

冷えが体に与える悪影響は?


体が冷えると血液がドロドロになり、栄養や酸素が体の隅々まで運ばれなくなってしまいます。また、老廃物も体に溜まってしまい、デトックスできない状態になってしまいます。その結果、気づけば女性にとって怖い、代謝の悪い痩せにくい体に……。
他にも肩こりや頭痛を招き、常に体が疲れやすくなったり、肌がくすんでしまったりと、美容面では肌荒れにも影響するんだとか。また生理痛がひどい方も、もしかしたら冷えが原因かもしれません。

夏が特に冷えやすい環境にあること、また体が冷えることで起きる悪影響をわかっていただけましたか? 今回は、夏の冷えを解消する簡単な美容法をご紹介します。

美容家直伝! 夏の温活美容法


1. 朝イチに白湯を飲む



白湯とは、水を沸かしたもの。さらに厳密にいうと、やかんで10~15分沸かした水を指します。水をしっかり沸かすことでカルキなどの不純物が除去され、口当たりがまろやかになるのです。手軽に始めたい場合は、ケトルで沸かすのもおすすめです。朝、起きぬけに白湯をコップ1杯飲むことで、内臓から温まり血行が良くなります。それだけでなく代謝もUPするので、ダイエット効果や体内のデトックス効果も期待できます。

EDITOR

濱田文恵
自身のルーツである中医学をベースに東洋と西洋を組み合わせた「美養法」を提唱。インナービューティーやコスメにまつわる美容系の資格を多数持つ美の探究者

関連記事

今、あなたにオススメ