紫外線対策の頼もしい味方 “トマト”を使った作り置き簡単美容レシピ♡

紫外線がどんどん強くなるこの季節。日焼け止めを塗ったり日傘をさしたり、紫外線をブロックするのに大忙しになっていないでしょうか? もちろん外側からの美白ケアは大前提ですが、さらに内側から食べ物で美白ケアをすることで、より強力に紫外線対策できます。

そこで今回は、忙しい女性のために“簡単・早い・おいしい”、そして紫外線対策までできる『作り置き美容メニュー』をご紹介します♡

主役の食材はこれ! “トマト”で紫外線対策も♡


食べる日焼け止めとも言われている“トマト”
食べる日焼け止めとも言われている“トマト”

今回ご紹介するレシピのメイン食材は、食べる日焼け止めとも言われている“トマト”です。「トマトが赤くなると医者が青くなる」ということわざがあるくらい!

栄養たっぷりのトマトには、特に『リコピン』が豊富に含まれています。リコピンには強力な抗酸化作用があり、その抗酸化力はビタミンEの約100倍にも及ぶと言われているのをご存じでしたか? 強い抗酸化力は、日焼けによって発生した活性酸素を除去してくれるだけでなく、メラニンの生成をも抑えてくれるそう。
『美人のミナモト』食生活向上委員会 著

なので、美白ケアにはもってこいの食材というわけです!

どんな食べ方がおすすめ?


そんなリコピンパワーを効率よく摂取するには、生ではなく調理することが大切です! なぜかというと、リコピンは油と一緒に摂取したり加熱したりすることで、そのまま生で食べるよりも効果的に栄養素を吸収できるんだとか。その証拠に、オリーブオイルで煮込んだトマトのリコピンの吸収率は生食の4倍! というデータもあるほど。
これからご紹介する美容レシピは、まさにオリーブオイルで煮込んであるので、効率的にリコピンの栄養素を摂取できますよ♡ 我が家の夏の定番メニューと言ってもいいほどよく食べています。

“簡単・早い・おいしい” ラタトゥイユのレシピ♡


内側から美白ケアができる♡ ラタトゥイユのレシピ
内側から美白ケアができる♡ ラタトゥイユのレシピ

材料


トマト 3個(真っ赤に完熟しているものが◎)orトマト缶1つ
玉ねぎ 1個
ズッキーニ 1本
ナス 2本
ピーマン 1個
にんにく 1かけ
生姜 1かけ
オリーブオイル 適量
塩コショウ 適量

作り方


(1)野菜をひと口大に切ります。にんにくと生姜はすりおろしてください
(2)フライパンにオリーブオイルを熱し、にんにくと生姜を香りが立つまで炒めます
(3)良い香りがしてきたら、トマト以外の野菜を炒めます
(4)野菜がしんなりしてきたらもう一度オリーブオイルを回し入れ、トマトを加えます
(5)お鍋に蓋をして、20分ほど水分が飛ぶまで蒸し煮にします
(6)塩コショウで味を調えたら完成です!

冷蔵で冷やしておけば3~4日食べられるので、紫外線対策の美容メニューとして作り置きが可能♡ それに、ラタトゥイユはそのまま食べるのはもちろんですが、パスタと和えたり、オムレツのソースにしたりしてもおいしいので、自分なりにいろいろアレンジしてみてくださいね♪



夏の紫外線ダメージは、老化の原因の約80%にもなると言われています。作り置きレシピを取り入れることで、一度の調理で何日間にもわたって内側からの美白ケアができるので、ぜひみなさんも作ってみてくださいね♡
(濱田文恵)

EDITOR

濱田文恵
自身のルーツである中医学をベースに東洋と西洋を組み合わせた「美養法」を提唱。インナービューティーやコスメにまつわる美容系の資格を多数持つ美の探究者

関連記事

今、あなたにオススメ