気持ちはバレているはずなのに相手にされない! 不特定多数の女子と遊ぶ男子の本音

片思い中の女子の中には、相手に自分の気持ちが伝わっているという人もいるのではないでしょうか? それにも関わらず、毎週末他の女友達と遊ぶ男子は、いったい何を考えているのか……男子の本音をみていきましょう。



1. しつこくしたら嫌われると思っている


若くて聡明そうに見える男子であっても、じつは煩悩に支配されているというのはよくある話です。だから、たとえば「本当は週3で彼女に会って寝たい」と思っていてもそうは言いません。女子側が充実している生活を送っているのを知れば知るほど、「俺も精神的に彼女に頼ってばかりいないで、もっと他のことをやろう!」と思います。“他のこと”というのが仕事であれば、女子としてまあまあ認めることができると思いますが、他の女子と遊ぶ男子もいます。

甘えたい気持ちを受け止めてあげて


男子って、常に「どこまで彼女に甘えることが許されるのだろう」というのを推し量っています。ある種の女子が、出会い頭に男を値踏みするのと同じことです。どんなに恋愛に奥手そうに見える女子であっても、男子のことを値踏みする女子っていますよね?

それと同じで、彼はあなたに「週3で会いたいなんて言うけど、他にやることないの? 本当は甘えん坊なのかな? もしそうであれば、もっと男らしい彼氏と付き合いたい」と思われるのを恐れています。だから、どの程度まで甘えてこられてもいいと思っているのかを、ちゃんと言葉で伝えてあげましょう。

2. 実は彼、自分好きなのかも


(C) LAURIER PRESS
(C) LAURIER PRESS

特定の彼女がいると、普通は彼女のことを大事にします。仕事と彼女が第一優先で、他の女子と遊ぶのは、2番目3番目になります。でもそうではなくて、他の女友達と遊ぶのを第一優先にする男というのは……自分好きです。「他の女子になんらか面白いものを提供して、彼女たちを喜ばすことができる俺って、かっこいいだろ?」と彼は思っているということです。

EDITOR

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ