付き合うかどうかはこうやって見極めて! 友達の少ない男子は要注意

優しくて、かっこよくて、きゅん♡ こんな人理想かも!
――と舞い上がっても、実際はつきあってから大変な目にあうこともあるんです。今回は、結果的に「つきあわないほうがいい」男子について見ていきます。要注意人物の特徴をチェックしましょう!

1. あなたのことを楽しませてくれる男子



彼の話がおもしろいからつきあうことにした、という女子がいます。要するに「わたしのことを、かなりのサービス精神でもって楽しませてくれた」からつきあったということですが、こういう男子は危険かもしれません。

「なにを目的として、彼はあなたのことを楽しませているのか?」ということを見抜く必要があります。赤の他人が100%ボランティアで、なんの見返りもなくあなたのことを楽しませるはずがないのです。たいていの場合、あなたの体が目当てだったりします。

体が目当てというパターンも


体だけが目当てではなくあなたのことを楽しませてくれる男子も、体だけが目当てで、あなたのことを楽しませてくれる男子もいます。両者の見分け方は……残念ながら、一定の法則があるわけではありません。人を見る目を、いかに養ったところでだまされるときはだまされます。

しかし、唯一、「周囲から埋める」方法は手堅いと思います。つまり彼の友人や知人とも仲良くなったうえで彼との交際を決める、ということです。そうすればある程度の信頼がおける人物なのであなたを傷つけるようなことはしないはずです。

2. お金持ち(っぽい)男子



男子の基本として、女子に対して見栄を張るところがあります。女子が出会い頭に男のことを値踏みするのを、男たちは知っているからです。奥手そうな、恋愛が苦手そうな女子だって、男のことを値踏みしますよね? 女の本能なのでしょう。

「値踏みに耐えうる俺」を演出しないと、そもそも女子に選ばれない――こんな危機感を持っている男は、女子の前でお金持ちのふりを演じます。

お金よりも中身が大事


男を値踏みするのも本能なら、女子の前で見栄を張るのも本能です。だからどうにもできない。だから最近は女子の恋愛対象として公務員が人気ということなのでは?

誰だってお金の問題ってかなり切実な問題であるはずです。でも、お金のことはいったん忘れたふりをして、彼の人となりをよく観察することです。
お金に心を奪われていたら、どんな大人だって判断を誤ります。「ふつう」の収入の男子であれば、恋愛対象になると思っている女子のほうが多いのかもしれませんが、「ふつう」を狙って、「ふつうっぽく」演じる男子もいます。まずはお金のことを脇において、彼の人となりを観察することです。

3. 男友だちが少ない男子


(C) LAURIER PRESS
(C) LAURIER PRESS

女子にとって意外に聞こえるかもしれませんが、イケメンで壁ドンするような男は、たいてい同性から煙たがられています。

男どうしって、基本的には信頼関係だけでつながっています。だからたとえば「俺はモテるんだぞ!」と、自分のことをことさら誇示するような男は、男から好かれない、ゆえに男友だちが少ない。
甘いマスクの壁ドン男子もおなじです。甘いマスクというだけで、ほかの男は警戒します。そのうえに、恥ずかしがることなく壁ドンしちゃう男子は……かなり男に警戒されます。

彼の周囲をよく観察しよう


甘いマスクで壁ドンする男子のことを、思わず好きになる女子もいると思います。それはそれでいいでしょう。でも、それ以外のところも、「彼とつきあっても大丈夫かどうか」の判断材料として活かさないと!

彼の周囲をよく観察することです。彼は男友だちが多いのか? 彼はどんな会社でどんな仕事をしているのか? どんな高校生(大学生)だったのか? など、いまの彼の周辺の情報を知ると、彼が「どこまで誠実な男なのか」がおのずと見えてきます。

誠実さがあり、なおかつ、女子がキュンとするようなことをしてくれる男子とあなたがつきあえるといいのですが、なかなかそういう男子の人口が増えないのが昨今の恋愛市場における大きな問題であるのは言うまでもありません。


いかがでしょうか。
彼のなんらかの言動があなたの心の琴線に触れると、一瞬で恋に落ちる女子がきっと多いと思います。若いとそうなって当然といえば当然です。
しかし、できるだけ彼の周囲を観察することです。観察したうえで交際するのときゅんとしてすぐにつきあうのとでは、きっとあなたの幸せ度数が、まったくちがってくるのです。
(ひとみしょう/studio woofoo)

EDITOR

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ