失恋をプラスに変える考え方 終わった恋を引きずらないために♡

失恋は辛くて悲しいものですが、「もう恋なんてしたくない」と投げやりになるのはもったいないです。恋が終わった時は悲しさに負けそうになっても、考え方を少し変えるだけで失恋をプラスに変えることもできちゃうんですよ! 今回は失恋をプラスに変える、前向きな考え方のポイントをご紹介します♡

(C)LAURIER PRESS
(C)LAURIER PRESS

1. 失恋で自分磨きの時間を作ることができる


大好きな人との恋が終わってしてしまったことで、自分磨きの時間を作るきっかけになった! と考えてみましょう。人はなかなか普段から“自分磨き”を意識しないもの。だからこそ、失恋がきっかけになってくれるんです。失恋の悔しさや悲しさをバネにすれば、もっと素敵な恋を見つけるための自分磨きに力を入れることができるはずです。

自分磨きって何をするの?


「自分磨きって何をすれば良いの?」と疑問に思う人は多いですが、特に決まりがあるわけではありません。雑誌を読んで美意識を高めたり、ダイエットをしたり、勉強をしたり、本を読んだり、外見や内面を少しでも高めようとすることが自分磨きなんです。
まずはなんでもいいので、自分を高めるために行動してみましょう! 買い物でもイメチェンでもなんでもOKです。なりたい自分像をみつけて、それに近づく努力をしていきましょう♡

2. もっと自分に似合っている人を見つけるチャンス


今回の恋愛が上手くいかなかったということは、付き合えたとしても上手くいかなかったということ。そんな風に考えることができれば、もっと自分に似合っている人は他にいて、その人に目を向けるチャンスができたと失恋を前向きに捉えられるはずです。

身近な男性の魅力に気付くきっかけにも


あなたの周りには、恋愛対象とは考えられない知人や友達が多くいるはずです。でも失恋したことで、そんな周りの男性たちに目を向けるきっかけを作ることができたと考えてみましょう。失恋しなければわからなかった、ただの友達だと思っていた男性や知り合い程度の知人の“魅力”に気付くことができるかもしれませんよ。

失恋をプラスに変える考え方 終わった恋を引きずらないために♡の2枚目の画像


3. 恋愛における自分のマイナス部分に気付くことができる


失恋したと言うことは、今回の恋愛が上手くいかなかった原因が少なからず自分にあるということになりますよね。そんな自分の、恋愛におけるマイナス面に気付くきっかけになったという考え方をしてみてください。失恋をしなければ、自分の恋愛のマイナス面に気付くのはとても難しいです。

失恋した時に相手から理由を言われていれば、そこを改善していけば良いですよね。言われていなくても、今回の恋愛を分析して自分のマイナスに気付くこともできるかもしれません。自分のマイナスポイントを知っていると、次の恋はそこをカバーすれば上手くいく可能性がグッとアップすると考えましょう。

マイナス部分を改善することが大事


自分で気づくことができた恋愛のマイナス部分は、次の恋を見つけるためにも改善の努力をしていきましょう。しつこくし過ぎた、空気が読めなかった、相手のタイプじゃなかったなど、さまざまな理由を自分の中で納得して、そんな自分を変えられるように行動してみてください。

空回りしている時は、少しだけ恋を休んでみて


失恋をして、自分が何をしても空回りしていると感じてしまう時もあるかもしれません。そんな時は、少し恋愛を休んでみてください。失恋で空回りしてしまうタイプは、恋愛が生活のすべてになっているケースが非常に多いです。恋愛を少し休んでみることで、今まで見えなかった恋愛以外の大切なことに目を向けることができるようになりますよ♡

失恋をプラスに変える考え方 終わった恋を引きずらないために♡の3枚目の画像


失恋は確かに辛いものですが、その辛さが一生続くことはありません。時間が解決してくれると気楽に考えて、失恋してしまったことを意識し過ぎないようにしましょう。それこそが、次の新しい出会いを運んでくれる一番の近道になるのですから。
(Yuzuko)
1

EDITOR

Yuzuko
元アパレル店員のフリーライター。アラサー女子が恋愛やファッションなど身近なテーマをネタに誰かの役に立てるようなコラムを執筆していきます!

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべき恋愛記事5選♡

新着記事