”かわいい奥さん”になれる秘訣も満載!? ほっこり新ドラマ『ウチの夫は仕事ができない』に学ぶ♡

彼氏や旦那さんが「仕事のデキる男」だと、女性としてはやっぱり誇らしいし、自慢ですよね。結婚している場合、仕事や経済面での不安も感じずに済みます。でも実際の恋愛では、必ずしも「デキる男」と結ばれる or 好きになるとは限らない……。

(C) LAURIER PRESS
(C) LAURIER PRESS

彼氏が「デキない男」だったら、やはり苦労することばかりなのでしょうか。いや、それが意外とそうでもないのかも!? そんなふうに思わせてくれる新ドラマ『ウチの夫は仕事ができない』(日本テレビ系、毎週土曜午後10時)がスタートしています。

第一話のあらすじは……


ドラマの主人公は、小林司(30歳・錦戸亮さん)。植物を愛し、困っている人に優しく、新妻の沙也加(24歳・松岡茉優さん)にも誠実な旦那さんです。でも優しい分、ちょっと不器用で頼りないところも。同姓同名のデキる社員がいる職場では「デキないほうの小林司」と不名誉な呼ばれ方もしています。第1話では、司が新しく異動した部署で大いに迷惑をかけてしまう……という状況が描かれていました。

司は本人なりに頑張っていますし、本人なりの哲学もありはするのですが、いかんせん“立ち回り”がうまくない。周囲の人の押しの強さに負けて、自分の意見が主張できない。プライベートで見れば、すごくいい人なのだけど、仕事という厳しい世界ではどうも戦いきれない、そんな性格なのでした。

「自信をなくしている夫」を絶対に責めない、賢妻ぶり


”かわいい奥さん”になれる秘訣も満載!? ほっこり新ドラマ『ウチの夫は仕事ができない』に学ぶ♡の2枚目の画像

司はそんな自分の頼りなさを知られるのが嫌で、当初、沙也加にはちょっと虚勢を張っていました。沙也加自身も、自分の願望で「私の夫はデキる男」なんて思い込んでいましたが、会社に足を入れたことで、実は「デキない男」だった事実を知ることに。仕事を辞めようかとひそかに悩んでいた司ですが、「仲良くいたいなら、奥さんに正直にいることだ」という教えを受け、その後、沙也加に正直にすべてを話します。

その際、沙也加は司を責めませんでした。会社で窮地に立った経緯を知ったからということもありますが、妊娠がわかって将来不安を感じていたにも関わらず、そんなことも一切口にはしません。それどころか、「私が妊娠を伝えたから(退職を)言い出せなくなっちゃったんだよね?」と配慮を見せます。

さらに沙也加は「司さんはすごい人」「私の自慢の夫です」と伝えた上で、二人の出会いを振り返り、「人生最大の恐怖のときに、自分を助けてくれた」と司を称賛。

「司さんのよさがわからないような会社なら、辞めてもいい」「仕事は何か見つかるはず」「私も働く」「家族がいて、おいしいご飯があって健康なら、お金はたくさんいらない」と思いを伝え、最後は「自分が理想を押し付けて無理をさせてしまっていた」「これからは立派な夫を演じる必要はないよ」と謝るのです。

必要とされる喜びがある!? 「旦那育て」を楽しめる!?


「こんな奥さん、めったにいない!」「理想的すぎる!」と思うほどのデキた妻ぶりでしたが、実際これはカップル円満の秘訣だよなと思った次第。愛する女性がこんな風に受け止めてくれたら、男性としては何より心強いですし、頑張らないわけにはいかないですよね。二人は「ダサくてもいいから、なんでも話せる夫婦になろう」と絆を深め、沙也加のおかげで司がちょっぴりの勇気を出せたところで、第1話は終わります。

「ウチの夫は仕事ができない。でも大好きだ!」なんて沙也加がひとりもだえるシーンも見られましたが、好きな男性に必要とされるのは、結構うれしいもの。「デキる男」は放っておいても成功するし、何かと忙しいので女性は寂しい思いをすることもありますが、それに比べ、司のようなタイプは「私が支えてあげなくちゃ!」なんて母性本能を刺激される部分も(笑)。
1
2

EDITOR

外山ゆひら
対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべき恋愛記事5選♡

新着記事