映画『東京喰種 トーキョーグール』出演 鈴木伸之さんのプライベートな一面にきゅん♡

全世界、37の国・地域で刊行されている人気コミック『東京喰種 トーキョーグール』が、実写映画として7月29日(土)より公開となります。主人公・カネキを演じる窪田正孝さんを筆頭に、豪華な出演者たちが集う今作。ローリエプレス編集部では、カネキらグールと対峙(たいじ)する若く優秀な捜査官・亜門鋼太朗を演じる鈴木伸之さんにインタビュー♡

撮影 キセキミチコ (C)LAURIER PRESS

インタビュー前半では、鈴木さんが今作とどのように向き合ってきたのかや、迫力のアクションシーンの裏話などを伺いましたが、後半では共演者の方々とのエピソードや、鈴木さんご自身のことについても答えていただきました♡

窪田さんは現場の空気の作り方がすごく上手


(C)2017「東京喰種」製作委員会 (C)石田スイ/集英社
(C)2017「東京喰種」製作委員会 (C)石田スイ/集英社

(C)2017「東京喰種」製作委員会 (C)石田スイ/集英社
(C)2017「東京喰種」製作委員会 (C)石田スイ/集英社

――主演の窪田さんとはお話しする時間はありましたか?

「以前も共演させていただいてますし、年齢も近いので、たわいない話をしていました。休憩時間に一緒にご飯を食べたりしながら、『最近どう?』みたいな(笑)。窪田さんとのシーンは、僕自身、この作品の中で大事にしたシーンでもあったんですけど、窪田さんがしっかりとその世界観を作ってくださったおかげで、すっとそこに入ることができました。窪田さんは現場の空気の作り方がすごく上手なんです。そういうところをとても尊敬しています」

(C)2017「東京喰種」製作委員会 (C)石田スイ/集英社
(C)2017「東京喰種」製作委員会 (C)石田スイ/集英社

(C)2017「東京喰種」製作委員会 (C)石田スイ/集英社
(C)2017「東京喰種」製作委員会 (C)石田スイ/集英社

今作は窪田さん他、豪華キャストも見どころの一つ。特に、鈴木さんはCCGの捜査官という役どころだけに、上司・真戸役の大泉洋さんとは共演シーンも多く、この撮影を通じて親交が深まったそう。厳しい真戸とは違い、現場での大泉さんはとても優しく接してくれたそうです。

「大泉さんとはいろんなお話をさせてもらいました。初対面の瞬間からとても物腰が柔らかくて、優しい先輩っていう感じでした。僕と二人のシーンも多いので、僕との信頼関係を築こうとしてくださっているのが伝わってきて、ありがたかったです。俳優の先輩としてのアドバイスをしてくださるときもあれば、娘さんの溺愛話をしてくださったり(笑)。
テストを終えて本番に入る前に『ここはこうしてみたら?』とか、アドバイスをくださることもあって。それが、すごくしっくりくることばかりなんです。いつも何についても言ってくださるわけでもなくて、大事なところ、ここって思ったところで言ってくださるんです」


作品を通して鈴木さんが感じたこと


撮影 キセキミチコ (C)LAURIER PRESS

EDITOR

瀧本幸恵
編集&ライター。映画、TV、音楽などのエンターテインメント系で主にお仕事をさせて頂いています

関連記事

今、あなたにオススメ