彼に心を開いてもらう会話テク♡ LINEじゃできない距離の縮め方

気になる彼といくらLINEをしても、なかなか恋が上手くいかない人は、ちゃんと彼と会って話をしてみてはいかがでしょうか? LINEでちゃちゃっと済ませる会話と会って話すのとでは、じつは雲泥の差です。今回は、彼とどんな話をすれば二人の距離がグッと近くなるのか、について見ていきます。

1. 過去の話をしよう



自分のことを積極的に相手に話すと、相手も心を開いて自分のことを話すようになります。たとえば自分がどんな高校生だったのかを気になる彼に話すというのは、いわゆる自己開示であり、彼も心を開いてくれやすいということ。高校時代の話をLINEでやろうと思っても、なかなかそのきっかけがないですよね。いきなり「私の高校生のときの写メ、送ってあげようか?」と彼に言うのもおかしいといえばおかしいですし……ここはひとつ、彼と会って昔の話をしてみては?

失敗談なども交えて!


高校時代のことを自慢げに話すだけではダメ。自分の弱みやダサかったところも含めて話をすることで、彼はあなたに大いに心を開きます。もちろん「こんなにかわいかった高校時代の私」をアピールするのもけっこうなことですが、「かわいいがゆえに遊び倒してしまい、2浪した」など、なんらかの苦い(というかシブイと言うべき?)過去もセットで、彼に話をしてみてはいかがでしょうか。

2. 家族のことも話してみて



自分の弱さを見せるうえで、家族のことをネタにした会話は非常に有効です。そもそも心を開いた相手じゃないと、家族のことを話したいと思わないですよね? それに「家族が好き。以上、話は終わりです」なんて人はいないはず。関係が近ければ近いほど、相手に対する不満が出てきて当然です。「私のお父さんって、毎晩飲み歩いていて、家に帰ったら玄関で寝ちゃっててさあ」なんてことを、彼にしれっと言えるようになれば、彼だってあなたに大いに心を許し、自分のことを話すようになって、二人の距離はグッと縮まります。

ペットの話はほどほどに


EDITOR

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ