気になる彼に「さりげなく」好きを伝える方法 直接言わなくても気持ちに気付いてもらうには?

気になる彼に好かれようと思えば、積極的に「好き」と言うのがもっとも王道をゆくパターンです。しかし、いきなり「好きです」と言うのも直球すぎますよね……。そんな時はどうすればいいの?

(C)LAURIER PRESS
(C)LAURIER PRESS


今回は、気になる彼に「さりげなく」好きを伝える方法について見ていきます。

1.いつでも笑顔を心がけて


好意を寄せられたら、人は相手にもいい印象を持ちます。よほど「この女子、絶対に生理的に合わない、無理」と思われていない限り、あなたが彼に好意を寄せたら、彼もあなたにそれとなく好意を抱くようになります。心理学的にはこれを「好意の返報性」と呼ぶそうです。

その最たるものが笑顔。とくに男子は、女子の笑顔にすごく敏感です。

2.じっと見つめてアピール



「好きです」といきなり言うのが恥ずかしいのであれば、彼をじっと見つめてみては? 女子の笑顔と同じく、女子に見つめられることにめっぽう弱いのが男子です。

この方法を試す時は「いつ、いかなるタイミングで見つめるのか?」というのがポイントになってきます。彼とふたりで飲みに行ったときに見つめるのもおすすめです。

最悪なのは彼をチラ見してじ~っと見つめる、というパターン。その視線、彼は100%気づいています。でも、「ねえねえ、おれのことを斜め後ろからチラ見でじっと見つめているってことは、おれのことが好きってこと?」と、ふつう男子は聞けません。チラ見された彼は、どうしていいかわからないはず。なので、ふたりで気まずい思いを背負いつつ、なおチラ見が続き、結果なにも生まれなかった、ということになります。

気になる彼がいるのなら、飲みに誘って、酔ったふりでもしつつ見つめるといいのです。そういう「あざとそうに思えるけど、蓋然性(がいぜんせい)のある見つめ方」が、男子的には正解に思えるのです。

3.女子からさりげなくボディタッチ


「好き」を伝える方法として、ボディタッチはもはや王道中の王道ですよね。

EDITOR

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ