気になる彼との会話でわかる あとちょっとで付き合えそうな脈ありサイン♡

心理学の言葉に“ブックエンド効果”というものがあります。好意をもつ相手には自然と視線が引き寄せられ、体もそちらを向く。つまり、恋人同士が身を寄せ合うさまを、ブックエンドに例えている言葉です。これはそのまま、いわゆる“脈ありサイン”を読むときに使えます。さっそく、彼のどんな行動が脈ありなのかご紹介しましょう!



1. 彼の片方の肩が下がると脈あり


アメリカで行われた実験によると、好きな女性と話をするとき、男性はどちらか片方の肩が下がるのだそうです。みなさん、たとえばカバンをかける肩が決まっていると思います。右の肩にカバンをかける人は、右肩が少し下がる体勢がわりと楽な姿勢だったりしますよね。リラックスして女性の話を聞いている、ゆえに左右いずれかの肩が下がるということでしょう。

食事に行った時にチェック!


たとえば、ソファのあるカフェなんかで二人で会話をすれば、自然と脚を組むし、左右どちらかに少し寄りかかりますよね。どんなに緊張する会話であっても、会話が進むと少しリラックスして肩が下がってきます。ずっとまっすぐ座っている彼は……脈なしではないでしょうか。

2. 足先をあなたに向けると脈あり


人は普通、気になる人に体を向けます。体が向くというのは、足先があなたに向くということです。アレンジパターンとして、彼があなたの方を向いて両足を広げて座ると、脈ありということも言えます。

彼と一緒にお酒を飲みにいくといいかもしれません。ほろ酔いになってあなたに気を許した彼は、自然とあなたの方に足を向けるでしょう。もしかすれば体ごとあなたの方を向けて、両足を開くかもしれません。これは、脈ありありです!

3. 前かがみになると脈あり


相手の話を真剣に聞こうと思えば、自然と少し前かがみの姿勢になりますよね。彼が少し前かがみの姿勢であなたの話を聞いていると……脈ありということです。

4. 距離が近いと脈あり


(C)LAURIER PRESS
(C)LAURIER PRESS

EDITOR

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ