絶対に避けたいNGなケンカ 別れたくなければ翌朝までに"ごめん"の連絡を!

たとえ彼氏とケンカしてしまっても、それがこれからに繋がる意味のあるケンカだったらまだ良いです! でもただただ言い争うような後味の悪いものだったら……。きっかけは些細なことでも、後に別れの原因になることも……。今回は、絶対避けたいNGなケンカとその対処法についてご紹介します。



1. 相手の目を見て話せないケンカはNG


相手の目を見てケンカできないというのは、「言いたいことを言っていない」ということです。言いたいことを我慢しつつケンカすればどうなるかといえば、問題が解決しないということになります。ケンカのあとも、同じ問題をカップルで抱えたままになります。ケンカがなんの役にも立っていないということです。

心のシコリとして残さないで


さらに、目を見ないでケンカをすれば、お互いの心の中にシコリが残ります。彼女は彼女で自分を責めることになります。彼は彼で自分を責めることになります。お互いに自分のことを責めつつ暮らしていると、非常にさみしい別れ方をすることもあります。そういう風にして別れてしまったら、その別れはその後何年もあなたの心に染みとして残ります。ケンカをするときは彼の目を見て! これ、鉄則です。

2. 具体的じゃないケンカはダメ


男子って、“概念”が上手く理解できません。たとえば彼女が彼に対して「あなたはいつもガサツなんだから!」と怒ったとしても、彼はガサツの意味が上手く理解できないのです。たとえトイレを汚しつつ用を足している彼であっても、「トイレを汚す=ガサツ」という図式が頭の中に生まれてこないのです。

だから、「ガサツ」と怒るのではなく「トイレは座ってしなさい」と具体的な行動を指摘しないといけません。具体的に言われてはじめて彼は気づくのです。「トイレの周りにまき散らしているおれって、もしかしてガサツ?」と。

3. 決めつけや過去の引き合いをだらだら述べるのは絶対にNG


(C) LAURIER PRESS
(C) LAURIER PRESS

EDITOR

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ