彼氏ができない女子こそ実践したい、男運を上げる方法

今回は、男運を上げる簡単な方法についてご紹介します。なかなか彼氏ができない人は、シンプルに男運を上げることだけを考えてみるといいかもしれません。

1.「私は運がいい」と声に出して言う



男運に限らず、仕事運や人生全体の運も同じです。運を良くしようと思えば、「私は運がいい」と声に出して言うことです。
声に出すことで、自分の意識を変えやすくなります。つまり“思う”だけではなく、声に出して「運がいい」と言うと、その自分が言ったことを自分の耳が聞いています。聞いたことが脳に刷り込まれ、本当にポジティブなマインドになってくるはずです。

思い込みって意外と大切


男運が悪い人は「私は男運が悪いから、どうせ今日の合コンでもろくな男と出会えないだろう」と思っていたりしますよね? 思ったことや心配していることは、わりと現実になりやすいんだそうです。
ですから、「私は男運が悪い」などと考え込むのは止めて、「私は男運がいい」と思い込むようにしましょう。そうすることで、いい男が寄ってくるポジティブなベースが生まれますよ。

2. 複数の視点で彼を見ることも必要



自分が相手の男子のことを好きになれば、それがどんな男であっても猪突猛進、ガッツリと彼に食いついて、付き合って、結局ダメな男だった、という男運の悪い女子もいます。そういう人は、世間の人はどう考えるのだろうと考えてみることです。
もちろん恋愛はある程度情熱が必要なので、周囲が見えなくなるほど彼のことが好きな瞬間があって普通です。でも、どこかのタイミングで「私が好きなこの彼のことを、世間の人はどう見るのだろう」と、複数の視点で彼や自分がやっていることを見る。運というものは、そうすることで少しずつ好転していきます。

わかった上でお付き合いを


女友達が「あの男子、ヤバそうだから付き合わない方がいい」と言っても、付き合っちゃうケースってありますよね。で、結果的に「やっぱり友達の言うとおりだった」と後悔するとか。付き合いたいという気持ちが、友達の助言を上回っていたから付き合ってしまった、ということだと思います。

EDITOR

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ