「お疲れ様」より「ありがとう」でモテ♡ 出会いを恋につなげる4ステップ

夏はイベントがたくさん。フェスやBBQなどで、ノリが合う男子と出会うこともあるでしょう。彼と付き合いたいと思ったとき、どうすれば恋愛につなげられるのか? について今回は見ていきます。



1. その日はちゃんと帰る(お持ち帰りされない)


出会ってすぐにノリが合って、お互いに軽く興奮するというのはよくあることです。そういう現象を「お互いの勘違いゆえ、ノリがあっていると錯覚している」と辛辣なことを言う人もいます。が、当たらずも遠からずです。だからノリが合って、その日のうちにホテルに行って、翌朝後悔する人がいるのです。

初対面でノリが合っても、その日はちゃんとバイバイして自分のおうちに帰る。まずはこのステップがないと、翌朝全てが終わってしまうなんてことになりかねませんよ。

2. 帰宅後のメールは「お疲れさま」ではなく「ありがとう」が◎


LINEでごく普通の挨拶として「お疲れさま」と送ると、恋が成就しづらいという心理学者の提言があります。メッセイージを受け取った側は、「疲れていないだろ、楽しかっただろ? 君はおれといて疲れたのか?」……こんなことを思うのだとか。

「お疲れさま」なんて社会人の挨拶みたいなものですから、普通にドンドン使ってもいいと思います。でも慎重を期すなら、「お疲れさま」を抜きにして「今日は楽しかったね、また会おうね」というメッセージを送ってみては? あるいは万人に効果のある「今日はありがとね」と送るなどが効果的!

誤解されない言葉を!


たとえば「機会があったらまた遊ぼうね」と送るというのも、誤解を招きかねないメッセージです。大人が「機会があれば」と言うときって、社交辞令だったりすることもありますね。だから、社交辞令と受け止められかねない言葉を使わないことです。
「ありがとね」とか「また会おうね」など、誰が読んでも「そうとしか読めない言葉」を上手く使うのが、次につなげるコツです。

3. 次のデートの誘いは女子からしよう!


(C) LAURIER PRESS
(C) LAURIER PRESS

EDITOR

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ