夏のベースメイクは“コントロールカラー”が重要♡ 崩れにくい肌に!

夏のベースメイクを薄くしたいのに、薄くしたら肌が汚く見えるかも……と、結局いつも通り。しっかりベースメイクのせいで、暑さでメイクがヨレたりとお悩みの方も多いのでは? そんな時におすすめなのがコントロールカラー。コントロールカラーを使えば、薄塗りでも肌をキレイに見せることができますよ♡

コントロールカラーって何色を使えばいいの?


夏のベースメイクは“コントロールカラー”が重要♡ 崩れにくい肌に!の2枚目の画像

コントロールカラーは色別に効果が違うんです! お悩みや、こうなりたい! というイメージに合わせて選ぶのがベスト♡ 代表的な色と効果、それぞれのおすすめアイテムをご紹介いたします。

ブルー


肌に透明感を出してくれます。暑い時期なので、涼しげメイクにぴったり! また、ブルー系の色味を使ったメイクを肌になじみやすくしてくれます。

『IPSA(イプサ) コントロールベイス ブルー』
『IPSA(イプサ) コントロールベイス ブルー』

使用感
使用感

私のおすすめは、何度もリピ買いしている『IPSA(イプサ) コントロールベイス ブルー』です。カバー力もあるのに、透明感がしっかり出る優秀な一品です!



ピンク


肌に血色感を与えてくれます。顔色がなんだか冴えない……そんな時には、ピンクのコントロールカラーで血色感を出し、生き生きした肌に♡ ピンクメイクにもぴったりなコントロールカラーです。

『INTEGRATE GRACY(インテグレート グレイシィ) コントロールベース ピンク』
『INTEGRATE GRACY(インテグレート グレイシィ) コントロールベース ピンク』

使用感
使用感

私のおすすめは『INTEGRATE GRACY(インテグレート グレイシィ) コントロールベース ピンク』。肌なじみの良いピンク色で、ナチュラルに血色感をプラスしてくれます。



イエロー


肌のくすみが気になる人におすすめ。初心者さんにも使いやすいコントロールカラーです。

『無印良品 UVベースコントロールカラー イエロー』
『無印良品 UVベースコントロールカラー イエロー』

使用感
使用感

私のおすすめは『無印良品 UVベースコントロールカラー』。サラサラのテクスチャーで、薄づきに仕上がるので、かなり使いやすいベースになっています。



グリーン


ニキビ跡が気になる方や、赤みが気になる方におすすめです。

『THREE(スリー) アンジェリックコンプレクションプライマー 04 MINTY FROTH』
『THREE(スリー) アンジェリックコンプレクションプライマー 04 MINTY FROTH』

使用感
使用感

『THREE(スリー) アンジェリックコンプレクションプライマー 04 MINTY FROTH』はスーッと伸びて、肌がしっとりするような潤いのある下地。赤みを抑えるだけでなく、透明感も出してくれます。



コントロールカラーの塗るタイミングがわからないという人も多いですが、商品によって下地として使えるものもあったり、下地の後に塗るというものもあります。
コントロールカラーを使うと、ファンデーションを薄塗りにしても肌がキレイに見えたり、肌悩みをカバーしてくれたりいいことだらけ♡ 美肌に見せてくれる必需品です!

メイク別 コントロールカラーの使い分け♡


透明感重視のメイクにはブルーを!


夏のベースメイクは“コントロールカラー”が重要♡ 崩れにくい肌に!の11枚目の画像

スッとクールなイメージにも仕上げられるし、夏にもぴったりな涼しげメイクにもぴったりです! なかなか取り入れるのが難しいトレンドのブルーを使ったメイクをするときも、この下地を使うことでなじみやすくなります。

ローリエプレス女子といえばピンク♡


かわいいイメージで仕上げるなら、絶対必須なピンク下地! ピンクのリップやチークとの相性もバッチリです♡

夏のベースメイクは“コントロールカラー”が重要♡ 崩れにくい肌に!の1枚目の画像

夏のベースメイクは“コントロールカラー”が重要♡ 崩れにくい肌に!の12枚目の画像


コントロールカラーを上手に使って、ナチュラル美肌を演出しましょう♡
(市川紗千子)
1

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡