潤い持続に役立つエトヴォスの新作フェイスマスク 化粧水→乳液…のステップはもう古い!?

先日表参道で開催された、ナチュラルコスメブランド「ETVOS(エトヴォス)」の秋冬新製品発表会に潜入!



今回はエトヴォスの皮膚科学に基づいたスキンケアの新常識をみなさんにご紹介します。キーワードは「バリア機能」と「セラミド」です!

スキンケアの新常識 油分でフタはもう古い!?


スキンケアの正しい手順といえば「化粧水→美容液→乳液→クリーム」で、化粧水のあとには必ず乳液やクリームの油分を使ってフタをすると思っていませんか? でも実は、その考え方はもう古いそうです。というのも、油分で蓋をすること自体は間違っていないのですが、肌内部の潤いを保つのに化粧品の油分だけではやや力不足なのだそう。

エトヴォス待望のマスクが誕生!


「毎日頑張る大人の肌へ、集中保湿のご褒美マスク」のコンセプトのもと、9月に新発売予定の「モイスチャライジングリペアマスク」。保湿成分と美肌成分で日々の肌ダメージをリフレッシュしてくれるだけでなく、低刺激なマスクになっているのも石けんで落ちるコスメを展開するエトヴォスの実力の現れ。使い続けるほどに、健康的で透明感のある「ハリ・ツヤ」を肌に導いてくれます! 潤いが長時間持続するこちらのアイテムは、ぜひ秋冬の乾燥対策や夏のダメージで疲れた肌のためにGETしておきたいアイテムです。

「モイスチャライジングリペアマスク」のココがおすすめ!



肌の潤いを保つのににはバリア機能が大事だと言われています。そのバリア機能を高める“セラミド”が豊富に含まれるのがこちらの「モイスチャライジングリペアマスク」なんです。
顔の立体に合わせて切り込みが入っていて浸透性も高め! 手に取った瞬間に適度なとろみがあり、期待も広がります♡



化粧水をつけたあと実際に使ってみると、まずマスク自体の厚みがほどよく、マスクに含まれている成分が肌となじんでいく感じがしました。セラミドの力なのかやっぱり保湿力が高く、外したあとはややベタつきが気になる人もいるかなと思いましたが、乳液やクリームがすぐに必要にならないくらいに肌はもっちりとします。



EDITOR

濱田文恵
自身のルーツである中医学をベースに東洋と西洋を組み合わせた「美養法」を提唱。インナービューティーやコスメにまつわる美容系の資格を多数持つ美の探究者

関連記事

今、あなたにオススメ